受験というものを考える(今年2月の受験者より) | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 5月 21日 受験というものを考える(今年2月の受験者より)

こんにちは!

西嶋です!!

今年から担任助手をやり始めて、早2か月が経とうとしていますが、

仕事に慣れてきた反面、小さなミスがちらほら。

猛烈反省しております!

ではでは、本題に入ります。

受験が終わってすぐに担任助手を始めたので、

担任助手である期間=受験からの期間

なわけですが、

受験を終えて思ったことがあります。

もう一度、高1に、もしくは高3の春に戻って、

自分が受けた年の試験を受ければ、絶対受かる!

そりゃあそうですよね。

出る問題を知ってて、時間さえあれば絶対受かるでしょう。

でも、

本当に出る問題はわからなかったでしょうか。

本当に時間はなかったでしょうか。

僕の第一志望だった大学(名前はふせますが)

英語はほぼ例年通りの問題。

数学は若干の難化にせよ、

過去問に似たような問題がありました。

過去問をなんとなく解くことと完璧にしあげることの

差を埋めるくらいの時間はあったでしょう。

その差で合否がきまります。

一問一問大事にして、合格を勝ち取りましょう!!

 

以上

国立校担任助手1年

青山学院大学 経済学部

西嶋 駿