暗記が苦手なあなたへ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 12月 1日 暗記が苦手なあなたへ

こんにちは!平尾です!

 

突然ですが

このページを開いてくれたあなた

さては暗記が苦手ですね( ̄ー ̄)?

 

 

なんと私は

暗記が大大大得意です!!

暗記科目大好きマンです!!

 

ということで!

今日は暗記苦手が少しでも解消するような

「記憶法」

についてお話ししたいと思います!

 

まず最初に一つみなさんに

やってほしいことがあります!

自分の「過去の記憶」を思い出してみてください!

なんでもいいですよ(^◇^)

思い出せたでしょうか?

昨日のお昼ごはんのこと

昨日の夜ごはんのこと

今日の朝ごはんのこと

食べ物のことばっかなのは置いといて、笑

 

ほかにも

テストでいい点とった!とか

友達と喧嘩した!とか

際限なく思い出せると思います

 

これらに共通して言えることそれは…

自分が体験したことである

ということです!

 

これを「経験記憶」といいます。

 

実は、これとは別にもう一つの種類の記憶が存在しています

 

それは

みなさんが今一生懸命覚えている

英単語や公式、歴史上の人物

などといった

いわゆる知識や情報と呼ばれるものです

 

ですがこれらの記憶を、

さっきの

自分の「過去の記憶」を思い出してみてください!

という質問をされたときに

(たとえば

「1600年、関ヶ原の戦い」

みたいな感じで)

思い出した人はいないと思います

 

このように

何かきっかけがないと思い出せないような記憶

のことを「知識記憶」といいます。

 

ここまで二種類の記憶があることについてお話ししてきましたが

残念なことに

入試で問われるもののほとんどは

自由には思い出せない「知識記憶」です。

 

なんということだ!!!

じゃあどうすればいいんだ!!!泣

 

安心してください

そんなときは

「知識記憶」としてではなく、

「経験記憶」で覚えればいいのです!!

 

では具体的にどうやって

「知識記憶」を「経験記憶」として

覚えることができるか

例を紹介していきたいと思います!

 

①結びつける

まずは、覚えたいものをほかのものと結びつけてみてください!

 

例えば英単語。

一つの単語をそのまま覚えるのではなく、

例文や用法と一緒に覚えてみてください!

 

そうすると、一つの文を覚えるだけで

複数の単語を覚えられるだけでなく

その単語がどのような場面でどのような用法で

使われやすいかをつかむことができます!

 

また、語呂合わせも例のひとつとして言えるので

積極的に活用してみてください!

 

②説明する

覚えたことを人に説明してみてください!

 

そうすると自分の理解度を確認できるだけでなく

「あの時こんな感じで説明した」

「こんな図を描いたな」

といったように

説明したことが経験として残るので

経験記憶として自分の中に残る。

つまり…

思い出しやすい!

そういうことです!

 

③体を使う

 

例えばですが

自由に好きな曲を想像してください

次に

その曲の歌詞を思い出してください

このとき、メロディーなしで歌詞を思い出すことができましたか?

たぶん難しいと思います

ここから、

耳による記憶は強く残りやすい

ということがわかります!

 

この耳による効果を最も応用できるのが

音読!!

 

目と耳の両方を使うことで

効率を良くしましょう!

目と耳以外にも

人間には様々な感覚が備わっていますね

手を動かしながら、声に出しながら、

五感をフルに活用することで

勉強の効果を最大限にしましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

きっとなにかヒントになってくれると思います!

「経験記憶」を利用して

暗記を恐れていたあのころの私とおさらばしましょう(^^)/~~~

 

以上

明治大学文学部心理社会学科4年

平尾いずみ