模試を受けることって勉強?? | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 10月 25日 模試を受けることって勉強??

松田先生による特別公開授業開催!

開催日11/10(金)まで

あと16日!

↑↑↑↑お申し込みの方は上の画像をクリック↑↑↑

――――――――――――――――――――

 

こんにちは!

 

鼻風邪を引いてしまいました、六倉です(;_;)

 

受験生のとき、

 

体調管理も実力のうちと言われたことを

 

痛々と思い出しているところです、、、

 

 

 

そんな今日は模試の振り返りについて

 

お話したいと思います。

 

 

今の時期は国立校では

 

受験生、高2生以下の生徒関わらず

 

全国統一高校生テスト(10月センター本番レベル模試)の

 

振り返り面談の日程を組んでいます!

 

今回と同様、2ヶ月前の8月センター本番レベル模試の後も

 

担任助手と振り返り面談をして

 

なぜ今回の結果になったのか?

 

今の勉強で改善すべき点はないか?

 

などを考え

 

次回の模試で点数として結果が出せるような

 

具体的な勉強方針を立てました。

 

今回は

 

その計画を立ててからの自分の努力の力試し

 

といったところです。

 

 

昨日の西嶋くんのブログにて

 

東大生にとっての勉強

 

問題集を解くことではなく(=作業

 

問題を解いた後に、できなかった問題を解き直し、

 

知識を自分のものにすること

 

と話してくれていましたが、

 

これを模試に置き換えてください。

 

 

模試を受けに行き、問題を解くことは

 

勉強を始める前の”作業”

 

を指し、その後復習することで

 

初めて”勉強”となるのです。

 

そして、私たちスタッフができることは、

 

“勉強”を最大限に意味を持つものにするために

 

皆さんの隣で模試の結果を分析し、

 

これからのベクトルを決めるお手伝いをすることです。

 

あくまでもお手伝い!

 

 

生徒たちは模試を受けた後、面談前に分析シートを用いて

 

良かったこと/問題点

 

 

問題を具体化

 

 

どこを解決すべきか

 

 

解決のための具体的な行動策

 

をまず自分で書き出し考えます。

 

 

私たちスタッフはその分析シートを元に

 

一緒に模試結果を研究するのです。

 

模試を軸とした勉強ですね。

 

 

ちなみに新高1・2年生の今の目標は

 

来年1月のセンター試験同日体験で目標得点突破

 

です。

 

1月までにセンター本番レベル模試は2回あるので

 

腕試しをしながら同日に着実に備えていきましょう!

 

 

以上

 

国際基督教大学 教養学部 六倉しおん