英文法って大事なのかどうか | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2018年 2月 7日 英文法って大事なのかどうか

こんにちは!木村です。

僕は今北海道にいます!

じゃあなんでブログが更新されてるのか・・?

前もって準備してたのです(笑)

 

最近、書店に行ったりネットで検索してみると

英語に関して実に様々な情報が飛び交っています。

「英語は決まったフレーズを練習すれば必ず話せる」

「英文法なんていらない」

「長文を読むテクニックはこうだ」

どれが正しくてどれが間違ってるのかもはや

わからない時代になってしまいました。

 

ただ1つ、自分が英語学習をやってきた上で

(あまり偉そうなことは言えませんが)

確信できたことがあります。それは、

「英語をやる上で小手先のテクニックは通用しない」

ということです。他の科目にも最終的には当てはまりますが、

英語はあるテクニックを身につければ何とかなる、

そんなものではありません。

 

じゃあどうすれば英語ができるようになるのか?

僕はその答えの1つが「文法」だと思っています。

ただ、昔の参考書のような、ひたすら知識だけ

並べてあるような本では文法は身につきにくいです。

無理やり覚えさせられるって嫌ですよね?

文法をやる上ではもちろん最終的には知識として

蓄えていなければいけませんが、

「~だからこうなる」ということを理解し、

繰り返し練習を行ったうえで身につくものだと思っています。

 

さらに、そういう勉強によって文法を身につければ、

皆さんを散々苦しめているリスニング、英作文などの

難問にも取り組みやすくなります。

 

「英文法は難しいものだ」と思ってる人多いですよね?

少し酷なこと言ってしまいますと、

「英文法は英語を学ぶ上での最低ライン」です。

また、文法で点数が取れず、長文問題で点が取れる人へ。

今の長文の点数って高いですか、満足ですか?

もし書かれていることをしっかり理解したければ、

やはり文法はやってください。

 

文法学習は、知識のいたずらな詰め込みや

パズルゲームを解く要素ではありません。

このことを念頭に勉強してくださいね。

 

すごいかたい文章になっちゃったな・・・(笑)

 

以上

慶応義塾大学 理工学部 応用化学科

木村友哉

 

過去の記事