過去問進んでますか?? | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 11月 8日 過去問進んでますか??

 

松田先生による特別公開授業開催!

開催日11/10(金)まで

あと4日!

↑↑↑↑お申し込みの方は上の画像をクリック↑↑↑

——————————————————————————–

 

こんにちは!平尾です!

11月に入り、あと2か月で

2017年が終わることに

驚きを隠せません、、、

 

さて今日は、

過去問演習・答案練習講座の

ペースについて

改めて確認したいと思います。

 

国立校では

11月末までに最低でも

私立では10年分

国公立では7~8年分

を目標にしていますが

皆さん進められてますか?

 

計画通りにできてます

という人はその調子!

全然進んでいない…

という人は

少しペースを上げる必要があるので

進められていない原因を考えてみましょう!

 

過去問を進められない理由として多いのが

以下の二つです。

 

①まだ過去問を解ける段階に達していない

 

まずはとりあえず1年分解いてみましたか?

なぜこの「とりあえず1年分」にこだわるかというと、

ゴールまでの距離を知るためです。

 

例えば、マラソンでもいつまで走るか

わからないものよりも

距離や時間が分かっていた方が

より考えながら走れますし、

精神的に楽だと思いますが

それと同じです。

 

まずは1年分解いてみて

4割程度の得点が取れていれば

過去問を進めていって大丈夫です。

 

まだ4割以下の得点しか得られない、という場合は

センターレベルの模試の成績にも目を向けましょう。

しかしあまりのんびりしていては間に合わないので

センターの過去問と二次・私大の過去問を

並行してやっていく必要があります。

 

②過去問を解く時間がない

 

今の時期模試も多く

やりたいことがありすぎて

過去問を解く時間がないという人も多いです。

 

しかし、時間がないのは皆同じ。

過去問を進められる人と勧められない人との違いは

優先順位をつけて計画をたてているかどうか

だと思います。

 

過去問は時間はかかりますが

もっとも重要な演習ツールです。

重要でかつ時間のかかるものから先に

予定に組みこんでいきましょう。

 

12月に入るとさらに

やらなければならないことが増えます。

なので11月が過去問を進める

ラストチャンス!

と思ってください。

 

優先順位がわからない等

なにか悩みがあったらスタッフに相談してください!

一緒に考えましょう!(^^)!

 

以上

明治大学文学部心理社会学科

現代社会学専攻 平尾いずみ