9月 | 2017 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ 2017年09月の記事一覧

2017年 9月 30日 過去問進んでますか?

こんにちは!

iPhone5Sを3年半ぐらい使っていて

さすがに機種変しようかなと

思っている平尾です。

 

さて、今回は改めて

過去問演習を進めるうえで

大切なこと3つを紹介します!

 

①復習をしっかりやろう!

 

模試と同じく、

やりっぱなしでは意味がありません。

どこを間違えたのか、

どうして間違えたのか、

毎回しっかり振り返りをしてください。

 

また、過去問ノートを作って

できなかった問題をまとめておくと、

後で復習するときに便利ですよ!

 

入試問題というのは、

各大学が、

「こういう問題ができる人に

入学してほしい」

と思って作っているものです。

なので志望校の過去問は

しっかり研究しましょう!

志望している大学が

何を求めているのか

わかるようになるはずです!

 

②4割に届かないときは

一旦ストップ!

 

センターレベルが固まらないうちに、

志望校対策を始められないのと同じく、

過去問で4割の得点が取れない場合は、

問題集や、受講の復習に戻りましょう!

 

逆に、4割取れている場合は、

演習→復習→解き直し

のサイクルを守って

どんどん進めよう!

 

③進めるペースは、

国立は11月末までに7年分、

私立は10年分!

です。

 

12月に入ると、またセンター対策に入ります

復習にかかる時間や、

過去問演習以外の勉強のことを考えると、

これくらいのペースで進めるのが

ベストなのです!

 

今、この時期に

特に意識してほしいのは

③です!

 

国立校に通っている人は

わかると思いますが、

理想のペースでは、

まず、9月中に1年分

実施することになっています。

 

この記事を見ている皆さん、

ペースをしっかり

意識できていましたか!?

 

受講や高速マスターに関しては、

短期集中で一気に詰めても

うまくいったかもしれません、

しかし、過去問演習については

実施→復習→解き直し

のサイクルを崩して、

一気に進めても、

効果は得られません。

 

もう一度、ペース配分を

しっかり確認しましょう!!!

 

以上

明治大学文学部心理社会学科4年

平尾いずみ

2017年 9月 29日 留学報告会やりました!

こんにちは!

この時期になってもまだアメリカにかぶれてる杉山です、、

アメリカに帰りたい、、

 

さて、今週の月曜日にあることが行われました!

 

それは!!!!

留学報告会です!!!!

 

生徒に夢を持ってもらうべく、

留学での経験を生徒に伝えました!

 

留学報告会とともにMy Dream Speechも行いました!

スピーチは英語で行われ、

自分の留学報告会は日本語だったので、ちょっと悲しかったです。

 

この報告会のおかげで、生徒たちが留学への志を

高めるいいきっかけになればと思います。

自分自身も生徒に報告することで

英語に向けた意識を確かめるきっかけにもなりました!

今後も生徒に勉強を勧める立場として

英語の勉強に精進したいと思います!

以上

国立校担任助手

杉山拓実

 

2017年 9月 28日 2学期スタートから1カ月!

こんにちは!

大学の授業がこちらも始まりました、木村です

 

後期の授業は面白いものがたくさんあります!

エクセルやパワーポイントの使い方を学ぶ授業や、

実験はすべて化学実験です!

充実したものにしていきたいですね!

 

さて、みなさんは2学期がスタートしてから

もう1カ月が経ちましたね。早い・・・

受験生のみなさんは、そろそろ過去問演習や

二次試験対策に意識を向けましょう!

残された時間はあとわずか!1日1日何をやるかで

結果はいくらでも変わります!というより

変えることができます!

 

高1・2生のみなさんも、

ただ漫然と学校の授業を受けたり、

ただ漫然と東進に登校したり、ということに

なっていませんか?

1ヶ月たった今、自分の生活を

しっかり見直して改善していきましょう。

 

改善して実行に移すというプロセスは

3年生になった時に必ず役に立ちます。

 

今から来年の自分に向けて、そして

受験生は第一志望校合格へ向けて

頑張りましょう!

 

以上 慶應義塾大学 応用化学科

木村友哉

2017年 9月 27日 後悔を残すな!

こんにちは!

担任助手の石上です!

大学が再び始まり、忙しいながらも

楽しい毎日を送っております。

最近受験生のみんなを見ていると

ふと思うことがあります。

「受験生のときもっと勉強できたかもなー」と。

受験からかなりの時間が経ちましたが

それでもまだ受験生時代を

思い浮かべることがあります。

それほど受験期というものは人生のなかで

良くも悪くもインパクトの強い時期なのです。

こういうことを考えていると

思うことがもう一つ。

「生徒のみんなには後悔を残してほしくないな」と。

全く後悔のないようにするのは

難しいかもしれません。

しかし後悔が少ないにこしたことはありません。

こんな言葉があります。

「10年後にはきっと

せめて10年でいいから

もどってやり直したいと思っているのだろう。

今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後から

もどってきたんだよ今。」

つまり、あなたは未来で後悔を残し

その後悔を払拭するために

過去にもどってきたのです。

どうですか?

おもしろいと思いませんか?

受験に失敗し将来に後悔を残した自分を

想像してみてください。

辛くないですか?

後悔がのこりませんか?

その辛さに比べたら今の状況は

まだ克服出来ると思います。

皆さんは幸運なことに未来の後悔を

払拭させることができる

現在での時間を持っています。

生きていくなかでずっと残る後悔と

受験勉強の辛さ。

秤にかけたときあなたはどちらを

克服する道を選びますか?

自分に問いかけてみてください。

この数か月間自分の将来をいろいろと

考える機会が多かったので

「今の選択に妥協しないか」

が重要かを改めて感じるものです。

そして同時に受験生時代の

自分の心境がフラッシュバック

するような感覚にもなります。

あの時の先が見えない不安は

恐ろしいものでしたが

そこから逃げなかったことは

きな財産になりました。

受験勉強をしていれば

もちろん多かれ少なかれ

挫折や辛い経験をすることもあるでしょうが

妥協してしまったらそれまでです。

人生で一度しかできない選択を妥協しないで!

そして、これからの時期に待つ

大変なことも乗り切って

最後はぜひ大きな喜びを勝ち取り

成長を果たしてください!

中央大学文学部人文社会学科社会学専攻

担任助手 石上諄

2017年 9月 26日 大学に入って変わったこと

こんにちは!

今日から夏休みが終わって大学が始まった安部です。

今日は僕が大学に入って変わったことについて話そうと思います。

これは皆さんが大学受験をするうえで大学入試をゴールとみてほしくないからです。

「大学入試はあくまで将来の夢、目標のための通過点だ!」

という意識がないと大学に入ってあっという間に4年過ぎてしまいます。

僕が大学に入って変わったことはおもに二つあります。

まず一つ目が勉強に対する姿勢です。

ご存知の通り大学は自分で授業を選ぶことが出来ます。

つまりほとんど自分の興味のある教科しかやらないので自ら学ぼうとする姿勢になります。

そしてそういう姿勢になったら本を読もうという気になります!なるんです!

自分でも驚いています(笑)

「本読んでる」の画像検索結果

僕は理系なのですが理系は文系に比べて受験期に得られる教養の量がだいぶ少ないです。

なので同時に僕は(理系の)皆さんに言いたいです。

本を読んで教養をつけましょう!

二つ目がそんなに友人関係を気にしなくなったことです。

それまでは学校にいる時に一人っきりでいる時間がさびしく感じ

なるべく複数人でいることを心がけていたのですが

大学に入りある本に出会ってその考えが変わりました。

その本には

「人生で成長できる時間は複数人でいるよりも一人でいる時の方が圧倒的にある。」

「やる気がある」の画像検索結果

ということが書かれていました。

その本を読んで私は無理に複数人でいることをやめました。

これが僕が大学に入って変わったことです。

 

以上

担任助手安部

東京工業大学 第四類