10月 | 2017 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ 2017年10月の記事一覧

2017年 10月 20日 モチベの保ち方

松田先生による特別公開授業開催!

開催日11/10(金)まで

あと21日!

↑↑↑↑お申し込みの方は上の画像をクリック↑↑↑

————————————————————————————————————————————————————————————————————————–

こんにちは!

最近本を読むのにはまっています杉山です!!!

 

みなさん、モチベ維持できていますか?

この時期かなりモチベが下がっている人も多いかと思います、、

成績が上がらない、やる気がでない、などなど、、

 

今回はそんなみなさんにモチベの維持について話したいと思います。

その方法はずばり、、、

休憩をとることです!!!

休憩なんて取ってられない!

多くの人はそう言うと思います!

 

しかし!!!

タラタラ勉強をした3時間より

集中して30分やった方が確実に成果が大きいです!!!

きちんと勉強の成果を出すためのベストコンディションを作っていると思って

たまには息抜きも大事です!!

 

というわけで最大限の効果を出すために

ぜひ積極的に小休止を使ってみてください!

 

以上

国立校担任助手

杉山拓実

 

2017年 10月 19日 Dr.Ishikamiの病気予防講座

松田先生による特別公開授業開催!

開催日11/10(金)まで

あと22日!

↑↑↑↑お申し込みの方は上の画像をクリック↑↑↑

————————————————————————————————————————————————————————————————————————–

みなさんこんにちは。

国立校のDr.Ishikamiです。

今日は病気の予防のお話をします。

え?

なんでみんなに変な目で見られながらも

そんなことするのって?

それはね

みんな体調悪そうだから。

夏ももうどっかに行っちゃって

すっかり秋になって

気温も下がってきて

今が1年で1番体調壊しやすい

時期かなと思って

こういうことします。笑

時間がなかなかないみんなには

病気なんかで

時間取られないでほしいし

単純につらいしね。笑

いまからいろいろ書いていくので

よかったら参考にしてください(^^)

①寒冷刺激を避ける。

長時間冷気を吸い込むと

鼻の粘膜にある線毛の動きを悪くして

ウイルスが付きやすいように

なってしまいます。

体を温かく保つことが重要です。

②うがいをする。

口やのどの粘膜に付いたウイルスを

洗い流す効果があります。

しかし病原体は素早く

細胞内に侵入するので

効果は期待できないという

説もあります。

③マスクをつける。

細菌やウイルスはとても小さいので

マスクやガーゼは

通り抜けてしまいます。

しかしマスクをつけると

口内の湿度を高く

保つことが出来るので

ウイルスが繁殖しづらい

環境を作れます。

④手を洗う。

身の回りのものには

細菌やウイルスが付着しています。

例えばつり革、手すり、ドアノブです。

どれも手で触れるものですよね。

人間は無意識に口や鼻に

手を持っていく習性があるので

ウイルス・最近は体内に侵入します。

手を洗う事は最大の予防です!

⑤栄養と休養

不規則な生活と栄養不足は

線毛の動きを鈍くして

抗体の生成を送らせてしまいます。

睡眠と食事をしっかりとって

免疫力を下げないことが大切です!

どうでしたか?

すぐに始められそうなものは

ありましたか?

すぐに実践してこの季節を

乗り越えましょう!

Dr.ishikamiがお送りしました!

See you!!

以上

中央大学文学部人文社会学科社会学専攻

石上諄

2017年 10月 18日 四大学連合って?

 

松田先生による特別公開授業開催!

開催日11/10(金)まで

あと26日!

↑↑↑↑お申し込みの方は上の画像をクリック↑↑↑


こんにちは!

最近「お腹減った」が口癖の安部です。

「お腹減った」の画像検索結果

今日はタイトルにある通り四大学連合について話します!

まず、皆さん四大学連合って知ってますか?

四大学連合(よんだいがくれんごう)は、

東京を拠点とする単科の国立大学である東京医科歯科大学、東京外国語大学、東京工業大学、一橋大学が2001年(平成13年)3月15日に締結した、

『四大学連合憲章』に基づく相互教育研究プログラムの通称である。(Wikipediaより)」です!

「四大連合」の画像検索結果

このプログラムを使えば、なんと、

他大学に編入学することが出来ます!

すごくないですか!?

外国語大学の人が医科歯科大学に入ったり、東工大の人が一橋大学に入ることが出来るんですよ!!

「驚き」の画像検索結果

まあけど僕がやりたいプログラムは編入学ではありません。

(ぼく文系科目、頭おかしいくらいできないので編入学は死んでもしたくないですからね(⌒-⌒))

僕がやりたいのは”特別履修プログラム”です!

これは簡単に言うと「他大学で気になる科目の勉強ができて、かつ単位ももらえてしまう」という素晴らしいプログラムになっています!

特別履修プログラムは2つ、または3つの大学が連合してやるのですが

例えば医療器具についての知識・関心が得られる”医用工学コース”

さまざまな分野の知識を蓄え世界に羽ばたける人材になる”海外協力コース”

外国語を通じてグローバルな理工人を育てる”国際テクニカルライティングコース”

など9つのコースがあります。

その中でも僕は”技術と経営コース”がやりたいと考えています!

文系教科が大っ嫌いな僕がまさかの経済に興味を持ってしまいすごくこのコースに興味を持ってしまいました。

しかし、このコースを選択するにはやはり一年次の成績が良くないといけません。

なのでこれからも頑張って勉強を続けていきたいと思います。

東京医科歯科大学、東京外国語大学、東京工業大学、一橋大学にはこのようなプログラムがあるのでぜひ目指してみたらどうでしょうか?

以上

東京工業大学 第四類

安部歩夢

2017年 10月 17日 公開授業をやってくださる松田先生について

松田先生による特別公開授業開催!

開催日11/10(金)まで

あと27日!

↑↑↑↑お申し込みの方は上の画像をクリック↑↑↑


こんにちは!

寒い日が続き冬服を解禁してしまいました。

貴島です。

今日は11/10(金)にある公開授業の松田先生について紹介したいと思います。

松田先生は

本質を掴む、きちんと肝を押さえていけば、数学力はついてくる。

をモットーに堅苦しい数学とは一線を画す授業をしてくださります。

徹底的に本質を追究した明快なアプローチで、

幅広い学年の上位生から強い支持を受けます。

 

本質をついた授業のため他の問題に応用を効かせることが出来ます。

今回の公開授業では図形問題を扱い、

中学数学の知識で東大の問題が解ける!?という内容で授業をして下さります。

公開授業では授業だけでなく、数学の勉強方法やモチベーションを上げる話もして下さります。

数学が得意な人も数学の成績が伸び悩んでいる人も得るものが多い授業だと思います。

興味ある人はぜひ申込してください!!

 

以上

慶應義塾大学商学部一年

貴島大樹

 

2017年 10月 16日 勉強の時間配分

こんにちわ!!

学祭で出るステージのために

ダンスの練習に励んでいるです!!

ダンス フリー素材 に対する画像結果

深夜練が多い上に内容もなかなかハードで

歳のせいもあり身体が悲鳴を上げています・・・

 

さて今日はですね

久しぶりにまじめな勉強のことについてお話したいと思います!!

ほんとに久しぶりです笑

何を話すかというと・・・

 

今の時期の勉強の時間配分です!!

勉強 フリー素材 に対する画像結果

 

受験生は問題演習中心の勉強法にシフトして

割と時間がたってきているころだと思います。

そんな中、成績の伸びを実感できている生徒もいる反面

  

やっているはずなのに伸びている気がしない・・・

  

という人も多いかと思います。

夏休み頃にスタッフや周りから演習中心の勉強に変えろと言われ

変えてみたものの、どんくらいのペースで進めればいいのか

どんくらいの量をやればいいのか、どのくらいのバランスでやればいいのかなど

分からないまま始めてしまい、その結果

正しい勉強法をできていない!

ということになってしまっている可能性があります。

  

なので、そんな人たちのためにこの直前期に差し掛かろうとしている今

どういう時間配分で、どれくらいの量をやればいいのかを

話していこうと思います!!

 

まずは、教科に対する時間配分についてですが、基本的には、

  

全教科総合 50%

苦手科目 50%

   

がベストな時間の配分です。

勉強時間の半分は過去問演習などを使い全教科をまんべんなく

そしてもう半分は自分の中でまだ完成していないだったり

足を引っ張っている科目の勉強にあてる。

  

このような学力を保つ勉強学力を伸ばす勉強

というのをちゃんと行うことで、着実に成績を伸ばしていくことが出来ます。

  

また、苦手な科目がなく、全教科がコンスタントに取れるようになってきたという人は

全教科に割く時間をもう少し増やして、

苦手科目の時間は間違えた問題や似た分野の範囲の復習

に置き換えて勉強するといいです。

  

そして、どのくらいの量をやればいいかについてですが、

第一志望の過去問で10年分×3周

が理想の量です!

  

そこまで追いつかないよ!!

という人も多いかもしれませんが、これが現実です。

  

最近は私大が入学者数を大幅削減していることもあり、

大学入試はさらに難化していきます。

これまで以上に余裕を持った成績を持っていないと

高い倍率の中で合格を勝ち取ることは難しくなってきます。

  

そのためにも10年分×3周というのは

これからはさらに意識しなければいけない量です。

  

それでももしこんなにできないよという場合は、

最低でも2周はするようにしましょう。

  

また、週や月にどれくらいやればいいかは

逆算して見れば分かることですよね?

そこに関しては、皆さんの自己管理力を鍛える面もあるので

ぜひ自分で考えて計画を立てていきましょう。

 

これからは正しい勉強をどれだけの量できているか

受験を勝ち抜くためのカギになってきます。

少しでも周りと差をつける、差を縮めるために

一緒に頑張っていきましょう!!

 

以上

早稲田大学基幹理工学部 学系Ⅱ1年

森 勇綺