10月 | 2017 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ 2017年10月の記事一覧

2017年 10月 9日 将来の夢

こんにちは

先日風邪をひいて久々に一日家で映画を見たり読書をしたりしてました。

貴島です。

 

 

今日はいつもとは少しテイストを変えて

自分の将来の夢について少しだけ書きたいと思います。

自分は今大学に通いながら、公認会計士の資格を取るために予備校のようなものに通っています。

 

公認会計士という資格をご存知でしょうか?

知名度はそれほど高くはありませんが、

医師、弁護士に並ぶ三大国家資格と言われています。

3年生の夏に受かるために今勉強をしているのですが、

 

公認会計士を志そうと思ったきっかけは

給料がいいからという理由もあるのですが、

海外の低価格を売りにしている大企業との競争に負けてしまっている

日本の伝統的な素晴らしい技術をもった企業を救いたいと思ったからです。

そのために将来はコンサルタントの仕事につきたいと思っています。

僕が志望大学を慶應義塾大学の商学部にした理由も

公認会計士を一番輩出している大学学部がそこだったからです。

 

 

みなさんも自分の将来について一度じっくり考えてみて下さい。

大学に行く意味、この先の人生について考えてみてください。

考えが変われば行動も変わっていきます。

勉強のモチベーションがいまいち上がらない人、

大学に行く意味を見いだせない人は特に、、、

 

慶應義塾大学商学部1年

貴島大樹

 

 

 

 

 

 

2017年 10月 8日 効率の良い勉強法!

こんにちは!川崎です!

長かった夏休みも終わり、そろそろ実習に行ってきます。

今回は保健センターに行きます。

保健師の免許を取るための実習です。

 

 

さて、

今日は「効率のよい勉強法」について、

簡単に紹介したいと思います!

 

まず、皆さん、

 

 

 

 

”海馬”ってご存知ですか!?

 

 

 

 

 

海馬というのは、

人間の脳の一部で、

短期記憶長期記憶

振り分ける性質を持っています。

 

短期記憶…一時的な記憶のことで、すぐに忘れてしまうもの。

長期記憶…脳に長い間残る記憶のこと。多くが生きていくのに必要な情報。

 

 

 

 

つまり!

この海馬の性質を

上手く利用することで、

学習したことを長期記憶に

変えることができれば

テストで良い点数が取れるわけです!

 

 

 

では、どうすれば学習したことを長期記憶に

変えられるのでしょうか?

英単語を生きるのに不可欠な情報と

海馬に判断させるには…

 

 

”何度も繰り返せばよいのです!!”

 

 

 

 

 

何度も何度も繰り返すことによって、

海馬が「必要な情報なんだ!」

認識するようになるようです。

 

 

 

つまり、復習が重要ということですね!

 

 

 

皆さん、復習の習慣を

しっかりつけられていますか!?

 

 

 

せっかく勉強したことも、

復習無くしては忘れてしまいます。

 

定期テストで勉強した範囲を

今、ほとんど覚えていないのもそのためですね!

 

 

今のうちから復習の習慣をつけておきましょう!^^

 

 

 

以上

 

東京医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻

川崎翔太

2017年 10月 7日 おすすめの息抜き方法

全学年対象!申込は上のバナーをクリック!

—————————————————————————————————————————-

 

こんにちは!平尾です!

今週はめずらしく週4で

東進に来ていましたが

来週からまたレアキャラになります(笑)

 

 

さて、センターまで100日を切り、

だいぶ焦りが出てきてる人も

いるのではないでしょうか。

 

受付回りでも

時間がない!間に合わない!

という声をよく聞きます。

 

私にもそんな時期がありました。

………4年前(笑)

そんなときは

「悩んでいる暇があったら勉強しろ!」

と自分に言い聞かせていました。

 

とはいっても

どーーーしてもやる気がでないときってありますよね。

 

そんなとき私がやっていた息抜き方法は

好きな科目だけやる勉強法!!

 

結局勉強するんかい!

と思う方もいると思いますが、

まずは勉強をしつつ息抜きしてみましょう!

 

ちなみに私は

英語の文法問題と日本史の一問一答が大好きだったので

やる気がでないときはそればっかりやっていました(笑)

 

みなさんにも好きな科目、

好きな分野があると思うので、

やってみて下さい!

 

そしてもうひとつ!

今度こそちゃんとした息抜き方法です(笑)

 

一週間に1個だけ

好きな番組を見る!!

 

さすがに何個も見る時間はないですが、

一週間に1個だけと決めておくと

①その番組を楽しみにがんばれる

②一週間のサイクルがわかりやすい

という二つのメリットがあります。

 

ちなみに私は

某アイドル番組を見ていました(笑)

 

番組を楽しみに頑張れるのと同時に

一週間たつのはや!やばい!

とまたやる気が出るので

一石二鳥です!

 

一分一秒を無駄にせず

勉強することももちろん大事ですが

より勉強の質を上げるためにも

自分に合った息抜き方法を

みつけてみて下さい!

 

以上

明治大学文学部心理社会学科4年

平尾いずみ

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 10月 6日 睡眠との付き合い方

こんにちは、川崎です。

最近、学生も後半年かー、と嬉しいような悲しいような気持ちになっています。

悔いなく過ごすことができるように色々な人と会っておこうと思ってます!

ところで…

最近はなんだか眠くてしょうがないです!!!(笑)

秋だからですかね…?

あれですよね、

寒くなってくると

暖房がきくようになって

ポカポカしてきて

うとうとしてきて

zzz…

<一時間経過>

ガタッ

Noooooooooo!!!

こんなに寝るつもりじゃなかったのに…泣

今日はそんな睡魔との付き合い方を

簡単に!紹介していきたいと思います!

①夜はしっかり寝る!

とくに受験生は夜更かしして勉強したくなりがちですが

それはとても危険です!

勉強したことを脳に定着させるためには

最低6時間眠る必要があると言われています

つまり、

せっかく遅くまで勉強をしても

睡眠時間をしっかりとらないと水の泡になってしまうのです!!!

また、できれば一番記憶が定着しやすい22時~2時に睡眠時間がとれるとなお効果的です!

せっかく勉強した分を定着させられるよう、

夜はしっかりと睡眠時間をとりましょう!

②どうしても眠くなったら寝る!!

一日の中でどうしても眠くなってしまう時間ってありますよね

そんな時、頭が冴えないまま勉強を続けてしまうこと、ありませんか?

ですが自分でも実感すると思いますが

眠い状態で勉強をしても全然頭に入ってこないですよね!

そこで、私はうとうとしてきたら一度寝てしまうことをおすすめします!

ポイントは、

時間を決めて、短時間で深く眠ること!!

一度短くても良いので睡眠時間をとると、頭が冴えます!

最初は時間通りに起きるのが難しいこともありますが、

続けると時間通りに起きる能力が身に付きます(^v^)

実際私も受験期に5分間だけ睡眠が身に付きました(笑)

 

③外の空気を吸う!

ずっと部屋に閉じこもって勉強していると

脳に酸素がいかなくなって、集中力が下がってしまいますよね

そんな時は、外に出てリフレッシュをすることが大事です!

外の空気を吸うのも一つですが、

そのときに

ストレッチをする

人と話す

冷たい飲み物を飲む

 などを一緒に行うと効果的ですよ(^^)

実際に実践しているひといるかもしれませんが

改めて実行してみて下さい(^v^)

以上

東京医科歯科大学 医学部保健衛生学科看護学専攻

川崎 翔太

2017年 10月 5日 やり切る方法!

全学年対象!申込は上のバナーをクリック!

—————————————————————————————————————————-

こんにちは!

担任助手の石上です!

 

 

最近寒くなってきましたね(@_@;)

校舎でも風邪を引いている生徒をよく見かけます…。

 

 

貴重な時間を病気に持っていかれるのはもったいないので

自己管理をしっかりとしましょう!

 

 

ちなみに私は秋好きです…♡

(だれも聞いてない)

 

 

さてさて!

突然ですが皆さん!

 

 

予定を立てて勉強していると思いますが

最近は立てた予定守れていますか?

宣言した受講コマ数や高速基礎マスターを

ちゃんとやりきれていますか?

 

 

ぎくっとした方いるのでは?笑

そんなみなさんの為に

今日は「やりきる方法」を伝えます!

 

 

5つほど紹介しようと思います!

 

 

①勝手な思い込みを排除する。

大変なことだと思ってやってみたら

実は意外とすぐ終わったなんて経験ありませんか?

人間は物事をより困難に考えてしまう習性があります。

これを「イラショナル・ビリーフ」と言います。

これによってどこか避けてしまうことがあることがあると思うので、

これを排除することが必要です。

 

 

②小さな「タスク」に分解しよう。

大きな課題は気が引けて

なかなかすぐ取り組めないものです。

そういう場合は小さい単位に分割して行いましょう。

ひとつを小さくしていけば

それに向かう気がわいてくるかも知れません。

 

 

③習慣化すること。

普段から当然のようにやっていることであれば

別に苦でもなんでもないですよね。

習慣化するには一カ月必要といわれているので

最初はきびしいかもしれませんが

自分に鞭を打って一ヶ月間やりぬいてみましょう。

 

 

④できるまでやる。

やりきるとはしっかりできるようにすることです。

自分に挑戦する機会をたくさんたくさん与えてあげましょう。

くじ引きを多くあてる人は人よりおおくくじを引いていますよ。

 

 

⑤やり方を変える。

なんでもやってもできないことは

やり方が間違っている場合があります。

そんな時は思い切って変えてしまうのもありだと思います。

 

 

いかがだったでしょうか?

ひとつでもためになった話があったらうれしいです!

計画を立てるのは簡単ですが、

実際に行ってこそ意味があります!

自分にきびしく、やりきったという実感を

獲得するまでがんばってみてください!

 

 

以上

中央大学文学部人文社会学科社会学専攻

石上諄