12月 | 2017 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ 2017年12月の記事一覧

2017年 12月 5日 

 

こんにちは

貴島です。

 

さて今回はこの時期になると増えてくる

「なにをすればいいのか分からない」

という状況になっている方にどうすればよいのかをお話していこうと思います。

まず前提として・・・

自分のやりたいことを全部リストアップする

ことです。

まずは自分のしたいことが何個あるのかを知らなければ

人間って「無限にある」と思っちゃうんですね。

なのでまずはその個数を確定してください。

それが決まったら次の段階です。

次にやることは・・・・

優先順位を決める 

です。

やりたい個数が多い場合は必ず誰かに相談すると良いでしょう。

最後に優先順位が決まっても、「あ、あれやらなきゃ。これも!」

となってまた焦ることがあると思います。

そんなあなたに!

まずは

目を閉じて落ち着くまで目を開けないでください。

そして落ち着いたら

自分の一番やりたいことを決めて下さい。

決めたら目を開けて下さい。

そうすれば、焦ることはもうないと思います。

また焦ったら、同じことを繰り返して下さい。

僕が受験期だったときにこの方法で本当に助かりました。

なので、是非やってみて下さい。

 

以上

慶應義塾大学商学部

貴島大樹

2017年 12月 4日 「優先順位」つけてますか?

こんにちは、6日間連続勤務の5日目

今日もいるんですか?という生徒からの言葉が胸に刺さります

貴島です。

 

本日の話題は「優先順位」を意識しようという話です。

入試本番までどんどん時間が無くなっており、

あれもこれもと焦っている人が多いのではないでしょうか。

 

 

そんな人がまずやらなくてはいけないのは「優先順位をつけることです。

自分の中で伸びしろがある教科・分野を優先して取り組み、

伸びしろがあまり感じられない教科・分野には時間を割き過ぎないようにしましょう。

 

 

例えば数学が苦手なひとがいたとします。

苦手だからこそ時間を割いて伸ばせると感じたのなら、

数学に大きく時間を割くべきです。

 

大きな伸びは期待できないというなら、数学に時間を割き過ぎるより、

得意科目で数学をカバーできるような作戦を立てるべきです。

また得意不得意だけではなく、

受験する大学に応じた配点によっても優先順位は大きく変わります。

 

正しい優先順位をつけるためには、正しい「自己分析」が大事ですよね。

過去問・模試を良く復習し、

自分の現状を正しく分析しましょう!

そして、伸びを最大化するような作戦を立てラストスパートをしましょう

以上

慶應義塾大学商学部

貴島大樹

2017年 12月 3日 食べ物で勉強をサポートしよう!

こんばんは!

食品添加物を調べすぎたせいで

食品の表示を常に確認してしまう大場です!

さてさて今回も食の知識なんですが

勉強するとき、食の力をかりて効率化を図ることは本当におすすめです!

人間ですもんね!

おすすめの食品を紹介していきます!

「飲み物を飲む」の画像検索結果

まずは記憶力、集中力!

あんこ、五穀米

これらにはブドウ糖がたくさん含まれています。

大豆

大豆レシチンが体内でアセチルコリンに変わり伝達の働きを助けてくれます!

チョコレート

テオブロミンという物質が大脳を刺激してくれます。

青魚

さかなさかな~さかなーをーたべーるとーでおなじみDHA!ご存知ですね笑

 

次に覚醒!

ガム

かむことで海馬に刺激がいき、頭の回転が速くなります。

コーヒー

カフェインですね。寝むけ吹っ飛びます。

 

ラストはリラックス!

ペパーミントティー

ハーブは神経を落ち着かせる働きがあります。

フルーツジュース

これも落ち着かせてくれる効果があります。

 

ただひたすら勉強するというのもいいですが

戦術を使って効率化を図ったほうが

時間にも心にも余裕が持てると思います。

賢く勉強していきましょう!!!

 

以上

東京海洋大学 食品生産科学科

大場 舞絃

 

 

2017年 12月 2日 イベントのお知らせ

こんにちは!

久しぶりの登場津下です!

「イラスト 犬」の画像検索結果

今日はこれからお正月に向けて行われるイベントについてお知らせします!!

 

「パーティー イラスト」の画像検索結果

 

受験生対象地歴公民千題テスト

12/24 9:00~15:30

12/25 16:00~21:50

※二日間両日参加が原則ですが、無理な場合どちらか一日でも構いません。 

二日間で受験範囲を総チェックし本番前に自分に弱点を再確認しよう!

世界史 地理 日本史 政治経済

の4科目から選択できます。

先着30名なので早めに申込みしましょう!!

 

受験生対象大晦日英語千題テスト

12/31 8:30~19:00

今年はなんと1200題出題されます!

~出題内容~

〇英単語・英熟語 450題

〇文法・語法問題 400題

〇整序英作問題 100題

〇発音・アクセント問題 100題

〇会話・口語表現問題 100題

〇長文読解問題 50題

勘違いして覚えていたことやケアレスミスをしてしまう部分などが一気に総復習できます。

先着74名です。

高1・2生対象小晦日英語千題テスト

12/30 10:30~17:30

東進では12月から新学年になります。今のうちに苦手を見つけて新学期良いスタートを切りましょう!!

 

④冬期合宿 @河口湖

12/26~12/29

他の校舎の人と関わって色々な刺激をもらえるはずです!

③④はどちらも12/10までに申し込みをしてください!

 

以上

担任助手一年

日本女子大学 家政学部 住居学科

津下満月

 

 

 

 

 

 

2017年 12月 1日 暗記が苦手なあなたへ

こんにちは!平尾です!

 

突然ですが

このページを開いてくれたあなた

さては暗記が苦手ですね( ̄ー ̄)?

 

 

なんと私は

暗記が大大大得意です!!

暗記科目大好きマンです!!

 

ということで!

今日は暗記苦手が少しでも解消するような

「記憶法」

についてお話ししたいと思います!

 

まず最初に一つみなさんに

やってほしいことがあります!

自分の「過去の記憶」を思い出してみてください!

なんでもいいですよ(^◇^)

思い出せたでしょうか?

昨日のお昼ごはんのこと

昨日の夜ごはんのこと

今日の朝ごはんのこと

食べ物のことばっかなのは置いといて、笑

 

ほかにも

テストでいい点とった!とか

友達と喧嘩した!とか

際限なく思い出せると思います

 

これらに共通して言えることそれは…

自分が体験したことである

ということです!

 

これを「経験記憶」といいます。

 

実は、これとは別にもう一つの種類の記憶が存在しています

 

それは

みなさんが今一生懸命覚えている

英単語や公式、歴史上の人物

などといった

いわゆる知識や情報と呼ばれるものです

 

ですがこれらの記憶を、

さっきの

自分の「過去の記憶」を思い出してみてください!

という質問をされたときに

(たとえば

「1600年、関ヶ原の戦い」

みたいな感じで)

思い出した人はいないと思います

 

このように

何かきっかけがないと思い出せないような記憶

のことを「知識記憶」といいます。

 

ここまで二種類の記憶があることについてお話ししてきましたが

残念なことに

入試で問われるもののほとんどは

自由には思い出せない「知識記憶」です。

 

なんということだ!!!

じゃあどうすればいいんだ!!!泣

 

安心してください

そんなときは

「知識記憶」としてではなく、

「経験記憶」で覚えればいいのです!!

 

では具体的にどうやって

「知識記憶」を「経験記憶」として

覚えることができるか

例を紹介していきたいと思います!

 

①結びつける

まずは、覚えたいものをほかのものと結びつけてみてください!

 

例えば英単語。

一つの単語をそのまま覚えるのではなく、

例文や用法と一緒に覚えてみてください!

 

そうすると、一つの文を覚えるだけで

複数の単語を覚えられるだけでなく

その単語がどのような場面でどのような用法で

使われやすいかをつかむことができます!

 

また、語呂合わせも例のひとつとして言えるので

積極的に活用してみてください!

 

②説明する

覚えたことを人に説明してみてください!

 

そうすると自分の理解度を確認できるだけでなく

「あの時こんな感じで説明した」

「こんな図を描いたな」

といったように

説明したことが経験として残るので

経験記憶として自分の中に残る。

つまり…

思い出しやすい!

そういうことです!

 

③体を使う

 

例えばですが

自由に好きな曲を想像してください

次に

その曲の歌詞を思い出してください

このとき、メロディーなしで歌詞を思い出すことができましたか?

たぶん難しいと思います

ここから、

耳による記憶は強く残りやすい

ということがわかります!

 

この耳による効果を最も応用できるのが

音読!!

 

目と耳の両方を使うことで

効率を良くしましょう!

目と耳以外にも

人間には様々な感覚が備わっていますね

手を動かしながら、声に出しながら、

五感をフルに活用することで

勉強の効果を最大限にしましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

きっとなにかヒントになってくれると思います!

「経験記憶」を利用して

暗記を恐れていたあのころの私とおさらばしましょう(^^)/~~~

 

以上

明治大学文学部心理社会学科4年

平尾いずみ