そろそろ春休みだね! | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 3月 23日 そろそろ春休みだね!

こんにちは!

 

花粉症とただいま格闘中の

木村です(笑)

 

受付にいる時も廊下を歩いている時も

必死にくしゃみを我慢してます。

 

もちろん顔に出ないように

頑張っています(笑)

 

 

さて、みなさん。

そろそろ春休みですね・・・

 

もう春休みだよ、という人も

中にはいると思います。

 

誰かが以前、このブログで

「受験の本当の天王山は春休みだ」

と言っていました。

 

まさにその通りです!!

 

春休みの重要性を

改めてお伝えします。

 

 

①春休みは差がつく

 

「天王山は春休みだ!」と

名言を残した担任助手が言っていたように、

夏休みは言われなくても

勉強する人が多いんです。

 

「宿題がでるから」なんて

理由もありそうですが、

休みが長い分有効活用しようと

思う人も多いのではないかと思います。

 

しかし、春休みとなると話は別です。

 

やる人と、やらない人で

大きな差がつきます。

 

そして期間も2~3週間と

短いものです。

あっという間に

春休みが終わってしまい、

「あ、終わっちゃった・・・」

なんてことも・・・

 

 

②春休みで基本事項を押さえないと

大変なことになる

 

我らが東進の渡辺先生は

こうおっしゃっています。

 

「英語は高2の3月までに完成させよう!」

 

え、3月まで・・・

何言ってるんだ、夏とか

2学期の話じゃないのか・・?

と思ってる人もいるかなと思います。

 

ただ考えてみてください。

 

高3生になって、

本格的に受験勉強に

取り組み始めたとしましょう。

 

そこで過去問を解くわけですが

高3になっていきなり解けるもの

なのでしょうか?

 

渡辺先生は例として

早稲田の法学部を挙げています。

私立の大学ではトップクラスの難易度です。

 

大問は全部でなんと7つ。

なのに制限時間は90分。

 

英語が完成してない人は

全然解けなくて

焦ってしまうわけですが、

何せ受験生が勉強するのは

英語だけではありません。

 

国語がある人もいれば

数学がある人もいます。

 

得意不得意があっても

ないがしろにしていい

教科などありません。

 

英語が完成していないが故に

他の科目までに影響を

与えてしまう可能性があります。

怖いですね・・・

 

なので、

3月を少しオーバーしてしまいますが、

この春休みで基本事項を

固めておきましょう。

 

これは英語に限った話ではなく、

新高3に限った話でもありません!

 

新高1・2も

やればやった分だけ

他の人と差をつける

ことができます!

 

春休みにやれるだけの

勉強をこなして、

新年度のいいスタートを

切りましょう!

 

 

以上

慶應義塾大学 理工学部

木村友哉