やり切る方法! | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 10月 5日 やり切る方法!

全学年対象!申込は上のバナーをクリック!

—————————————————————————————————————————-

こんにちは!

担任助手の石上です!

 

 

最近寒くなってきましたね(@_@;)

校舎でも風邪を引いている生徒をよく見かけます…。

 

 

貴重な時間を病気に持っていかれるのはもったいないので

自己管理をしっかりとしましょう!

 

 

ちなみに私は秋好きです…♡

(だれも聞いてない)

 

 

さてさて!

突然ですが皆さん!

 

 

予定を立てて勉強していると思いますが

最近は立てた予定守れていますか?

宣言した受講コマ数や高速基礎マスターを

ちゃんとやりきれていますか?

 

 

ぎくっとした方いるのでは?笑

そんなみなさんの為に

今日は「やりきる方法」を伝えます!

 

 

5つほど紹介しようと思います!

 

 

①勝手な思い込みを排除する。

大変なことだと思ってやってみたら

実は意外とすぐ終わったなんて経験ありませんか?

人間は物事をより困難に考えてしまう習性があります。

これを「イラショナル・ビリーフ」と言います。

これによってどこか避けてしまうことがあることがあると思うので、

これを排除することが必要です。

 

 

②小さな「タスク」に分解しよう。

大きな課題は気が引けて

なかなかすぐ取り組めないものです。

そういう場合は小さい単位に分割して行いましょう。

ひとつを小さくしていけば

それに向かう気がわいてくるかも知れません。

 

 

③習慣化すること。

普段から当然のようにやっていることであれば

別に苦でもなんでもないですよね。

習慣化するには一カ月必要といわれているので

最初はきびしいかもしれませんが

自分に鞭を打って一ヶ月間やりぬいてみましょう。

 

 

④できるまでやる。

やりきるとはしっかりできるようにすることです。

自分に挑戦する機会をたくさんたくさん与えてあげましょう。

くじ引きを多くあてる人は人よりおおくくじを引いていますよ。

 

 

⑤やり方を変える。

なんでもやってもできないことは

やり方が間違っている場合があります。

そんな時は思い切って変えてしまうのもありだと思います。

 

 

いかがだったでしょうか?

ひとつでもためになった話があったらうれしいです!

計画を立てるのは簡単ですが、

実際に行ってこそ意味があります!

自分にきびしく、やりきったという実感を

獲得するまでがんばってみてください!

 

 

以上

中央大学文学部人文社会学科社会学専攻

石上諄