スキマ時間の使い方 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2013年 6月 11日 スキマ時間の使い方

こんにちは!担任助手の早藤です。

中間テストや体育大会、球技大会などで忙しい時期だと思いますが、勉強はすすんでいますか?

私が受験生のころはこの時期、体育大会と部活で忙しかったので、スキマ時間を上手く活用して頑張っていました。

入試では、周りの受験生と本当にわずかな差で戦うことになります。その中でスキマ時間で得たことはものすごい威力を発揮します。

今日は私が受験生の時期にやっていたスキマ時間活用法を具体的に紹介したいと思います。

 

通学時間にスマートフォンで高速マスター:100問とかいっきにやると途中で嫌になるので30問とか50問とか少し少なめにしてやりまくってました。単語帳とかに比べて、楽しく覚えられた気がします。

学校の休み時間:一回の休み時間15分、一日6時間授業だとしたら、15分×5でなんと休み時間は75分あるということになります。気分転換も必要ですが、私はこの休み時間を利用して友達と一問一答の問題の出し合いをしてました。結構声に出すので、自然と覚えることができました。

・家で勉強に飽きてしまったとき:東進では集中できるけど家では集中できない。そういう人結構多いと思います。私もそうでした!そういう人には家での音読がおすすめです。目でおうことと、耳に声としてはいってくることで二倍忘れなくくなる、これが音読の強みだと思います。

 

この他にもスキマ時間というのは探せばいくらでもあります。スキマをどんどん活かしていきましょう。