スランプだ…と思ったら | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 11月 27日 スランプだ…と思ったら

高1・2生対象

冬期特別招待講習実施中!!

 

東進の実力講師陣の授業に

君を無料ご招待!

 

受講期間:2015年1月7日まで

 

 

12月10日(水)までのお申込みで

3講座分の無料体験が可能です。

 

(12月17日までのお申込みで2講座分まで、

12月23日(最終締め切り)までのお申込みで

1講座分までとなります)

-------------------

こんにちは!山中です!

 

昨日は大学の英語の授業で、

プレゼンを行ってきました!

テーマは「Should people be allowed to clone their pets?」

日本語に訳すと、「ペットのクローンは許されるか?」

というものでした。

中々内容が固まらず、ギリギリまで

準備をしていたので、昨日は一日中

バタバタしていました…

そのため、今回はあまり練習時間を取ることができず

本番でも制限時間の6分をオーバーしてしまいました…

とても悔しいです…

↑フィードバックをすぐにしてくれました。

期末のプレゼンでリベンジします!

 

 

さて、今日の本題に入ります!

最近、高3生から

理科が伸びない…

とか

数学がやっても得点できるようにならない…

というようなことをよく聞きます。

 

今の時期に、模試で点が取れないと

確かに焦りますよね。

そこで、今回はそんな悩める人々に

ひとつの勉強法を提案したいと思います!

 

それは、

基礎に立ち返る

という方法です!

ここでいう基礎に返るとは、

過去にやった教科書傍用問題集などを

もう一度解き直してみるということです。

(理科でいうとセミナー○○等)

 

今さら!?

とか

意味あんの?

とか思うかもしれませんが、

これには二つのメリットがあります!

 

一つ目は

見過ごしていた穴を見つけられる

かもしれないということです。

一度やった問題集が、すべて完璧に解ける

というのであれば、全く問題はないのですが、

そうもいかないと思います。

一度やったのにできない、

というところが自分の弱点だと思うので、

そこを見つけ出して、早急に手を打とう!

 

二つ目は、

知識が整理される

ということです!

僕は現役の頃、ハイレベル物理を取っていましたが、

6月に受講した際には、おそらく5・6割くらいしか

しっかり理解できていなかったと思います。

 

しかし、

物理でつまずくたびに、

何度も板書をしたノートに立ち返ったことで、

だんだん頭のが整理されて、

講座の内容を自分のものにできました。

また、同じ問題集や参考書でも、何度も触れるうちに

新しい発見をすることも多いです!

 

高3生はセンター試験まで残り51日!

1点でも多く得点できるように

貪欲に勉強しよう!

 

以上

担任助手 山中 悠太