単語の記憶術はいろいろある? | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 2月 16日 単語の記憶術はいろいろある?

こんにちは!

 

春休みになって2週間が経ちました、木村です。

免許の教習もどんどん進んでいます!

昨日はS字の道を走る練習をしました!

思ったより狭くて難しいんですね、知りませんでした・・・

 

 

先日招待講習の生徒と面談をしました。

面談中で単語テストをやって感想を聞いたところ、

「単語覚えるのが苦手で・・・」

と言ったのです。

 

 

きっとこういう人って多いのでは??

 

 

今回は、単語の効率のよい覚え方を紹介したいと思います!!

 

 

①イメージしやすいものはどんどん入れる

share, report, skill,… と、今単語を3つ並べましたが

多分見たことある人が多いかと思います。

これはいったいどういうことなのかというと、

「日常生活でも使っている単語」

ということなんです。

これらの単語はきっとすんなり頭に入るんじゃないかな?

 

 

②単語の基本イメージを覚えれば・・・

discoverという単語は「発見する」という意味ですが、これって

どこからとられてるのかわかりますか?

 

coverには「覆う」というイメージが備わっています。

ではdisは何かというと、否定的な意味をあらわす「接頭語」です。

discoverはdis+cover、つまり「覆う」の逆ということで、はがすような

イメージができるかと思います。

ところがdiscoverは「はがす」という意味にはなりません。

ここが難しいポイントですが、

ただ意味を単発で覚えるよりかは

納得のいく形で覚えられるかと思います。

 

まずは①②を意識して頑張ってみましょう!

もっといい覚え方があったら僕に教えてください(笑)

 

以上

慶應義塾大学 理工学部 学門3

木村友哉