受験での後悔 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 2月 4日 受験での後悔

徳永です!!

2月ってこんな晴れてて気持ちい季節だったんだ~

と感じております、、、

なぜなら、去年のこの時期のわたしは

とても病んでいたからです(゜.゜)

センターが終わって

さあ、これから!!という時期に

ぷつん、と集中が切れてしまいました。

何の気力もわいてこなくて、勉強も手につかなくなってしまいました。

そんな状態で私立の受験が始まって、

過去問もろくに解いてなかったから結果ボロボロで

さらに暗くなっていくという負のスパイラルにはまっていました。

私立受験が終わって、後は第一志望の外大を残すのみという状態になりました。

うわー私の受験おわったな…と

だけど、そう感じてから

ヤバい、このままだと親にも学校の友達にも東進の人たちにもあわせる顔がない、、、

と思いました。

今まで、どんなにキツく当ろうとサポートしてきてくれた両親

こもれび祭の手伝いもあまりしなかったり授業をきったりしてまで受験勉強してきたこと

いつも応援してくれていた東進のスタッフやグループミーティングの人たち

東進の夏期合宿で本気で一緒に頑張って勉強した友だち

などなど、、、

このまま受験おわったら恥ずかしいし申し訳ないし本当にこの人たちと会えない気がする

やっぱりもう少し頑張ろう。

そして、そこからは今までの分を取り返そうと必死で勉強しました。

外大の試験が終わって

あ、これは落ちたな。病んでた時期の自分を本当に恨みました。

結果が分からないまま卒業式をしました。

その後も結果発表までは後期の勉強をつづけました。

結果、第一志望だった外大の東南アジアに運よく受かることが出来ました。

ただ、途中で頑張れなくなってしまったことが

今でも心残りです。

結果も大事ですが、やっぱり過程も大事なんですね

これから本格的に受験が始まるみなさん!

怒涛の時期が始まっていくと思いますが

もうここからはノンストップです

私みたいに止まろうとしたら置いてかれるだけです。

あんまり私みたいな人はいないかもしれないけど

もし、辛くなったら校舎にきてくださいね(^^)

話すだけでもすごく気が楽になるハズ!!

以上

国立校 担任助手

東京外国語大学 国際社会学部

徳永葵