夢HR~大学で学んでいること | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2015年 6月 23日 夢HR~大学で学んでいること

 

東進ハイスクールでは

高2・1・0生を対象に

招待講習を実施しています!

誰よりも早くスタートを切って、

人生を変える夏にしよう!!

――――――――――――――――――――――――――

こんにちは!

最近、蚊に刺されがかゆくてかゆくて仕方がない田畑です、、、

 

昨日のブログで

瀬谷担任助手が紹介してくれた通り、

夢HRを行いました!

 

私は今、津田塾大学数学科の2年生で、

ゼミで離散数学(集合、順列、数列など)について

学んでいます!

 

そのゼミで扱っているテキストが

英語で書かれているものなのですね!

 

 

やはり世界での最先端の研究は

英語で行われるので、

大学生のうちに英語で専門分野について

考えられるようになっておくこと

は必要だと思います。

 

 

なので、理系のテキストが英語で書かれているというのは

津田塾に限った話ではなく、

東工大や農工大でも、物理や化学の授業の教科書が英語であることがあるそうです!

 

 

ということで、、、

今回は数学ⅠAの組み合わせを英語で書くと

どうなるのかを紹介しました。

 

組み合わせの定義を英語で書くと

このようになります。

 

 

Let S be a set with n elements.

A combination of these n elements taken r at a time is any selection of r of the elements where order does not count.

The number of such combinations will be denoted by

C(n , r)

 

 

みなさん、どのような日本語に訳せばよいと思いますか??

日本語訳は

 

n個の要素をもつ集合をSとする。

時にn個の要素の中からr個を取る組み合わせは順番を考慮せずに要素のrのものを選ぶことである。

そのような組み合わせの数を

C(n , r)

とかく。

 

となります。

 

 

ゼミの勉強は自分が学びたかった離散数学についてなので

とても楽しいですが、

 

私は英語があまり得意ではないので、

この英語を日本語に訳して数学を考える

というこのゼミの勉強にとても苦労しています。

 

 

今は受験勉強のための英語の勉強だと思いますが、

将来何かしらの形で英語を使うことがあるかもしれないと思って

日々英語の勉強に励んでほしいです!

 

以上