大学で学んでいること~山下担任助手編~ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 6月 1日 大学で学んでいること~山下担任助手編~

こんにちは、担任助手の山下です。

だんだん気温が高くなってきてエアコンの

需要が出てくる季節になってきましたね!

 

気温に負けず頑張っていきましょう!!

 

今回は大学で学んでいることシリーズということで

自分は今一橋大学の社会学部の3年生でこの春から

”ゼミ”

というものに所属して勉学しているのですが、そこで得た

スキルについて書こうかと思います。

 

そもそも自分が現在所属しているゼミは何を扱っているかと

言うと、「マスコミュニケーション論や社会心理学」

がメインになります。

 

とはいえまだゼミも始まってまだ2か月程度で

実際やっていることが社会調査などの範囲を多く含んでいること

もあり、多くを語れるほどのこともしていないのですが…(‘_’)

 

来年の今頃には立派なそれらのことについてブログが

書けるくらいの知識が得られるように頑張ります!

 

あとそれに加えて”stata”という統計ソフトの勉強も同時進行で

行っています。これは将来的に社会調査や統計を行う上で

非常に便利なツールですが使い方は非常にややこしいです泣 

 

難しさの具体性について記述するのはこれまた難しいのですが、

いわゆるPCのプログラミング操作と似ています。

パソコンにしかわからない言語を私たちが使いこなせなければ

ならないわけです。

 

そしてこうやって学んでいると

「統計や社会調査ってこんなに奥が深い、学問として確率されているのか」

と感心することもまた多いです。

 

私たちには知らない世界がたくさんあります。どの世界に飛び込んでいくかは

これからの皆さんの努力次第であるとも言えますが、

どの世界も非常に魅力的であることは間違いないはずです。

 

なので今の勉強をすることが皆さんの未知の世界へのまず

第一歩なのだと思って日々頑張っていってもらいたいと思います!

 

山下