大学で学んでいること~石上担任助手編~ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2016年 5月 26日 大学で学んでいること~石上担任助手編~

こんにちは!

担任助手の石上です!

レポートに追われてへとへとですが、忙しいみんなに負けないように頑張ります!

 

 

題名にも書きましたが今日は私が大学で学んでいることについて書きます!

進路決定などの参考になればいいなと思っています(^^)

 

 

私が大学で学んでいること…

それはずばり!「社会学」です!

 

 

そもそも社会学ってなんなの?

と、この質問答えるのがめちゃくちゃ難しいです(._.)笑

(この学問の特性のせいなんですが…)

 

 

wikipedia大先生のお力をお借りしようと思います(笑)

社会現象の実態や、現象の起こる原因に関するメカニズムを解明するための学問である。

その研究対象は、行為、行動、相互作用といったミクロレベルのものから、

家族、コミュニティなどの集団、組織、さらには、社会構造やその変動(社会変動)など

マクロレベルに及ぶものまでさまざまである。

 

 

だそうですね…笑

簡単に言うと

「どうしてそうなるんだろう?」という疑問を

社会に投げかける学問です!

 

 

社会に対して疑問を投げかけ、調査し、解決する。

これを繰り返していくのが社会学だと考えています!

 

 

おもしろみはその研究対象の多さにあります!

家族恋愛人間関係地域メディア犯罪マスコミ、etc…

自分の興味のある分野が必ず見つかると思います!

 

 

もうひとつのおもしろみは調査です!

「社会学は実証的な学問である。」と言われるのですが

その所以がここにあります!

(で、でかい…笑)

 

 

実際に現地に足を運ぶ「フィールドワーク調査」

用紙を用いる「質問紙調査」

文献を分析する「ドキュメント調査」

これ以外にも「アンケート調査」インタビュー調査」など

様々な調査方法があります!

 

 

疑問に思ったことを徹底的に調べ上げるこの姿勢が

社会学を実証的にしているのではないかと思います。

 

 

どうでしょうか?

すこしはイメージが湧きましたか?笑

 

 

ちなみに今私は

①巣鴨でのフィールドワーク調査

②映画を分析することによる、犯罪観・政治観の変遷の調査

③SNSを中心としたメディア研究

などを行っています!

 

 

調査に膨大な時間がかかるためとても忙しいですが

最高のやりがいがあります!

 

 

もし話を聞いてみたい!という方がいらっしゃったら石上まで!(^^)

なんでもお答えしますよ!

 

 

以上

中央大学文学部人文社会学科社会学専攻

石上諄