大学で学んでいること | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2015年 1月 28日 大学で学んでいること

 

 

あの河合先生が

2/6 19:00~

国立校にやってくる!

今回は、センター試験でおなじみの

「必要十分条件」についての授業!

これは参加するしかない!!!

河合先生の公開授業まで

あと11日!

——————————————-

こんにちは!

期末テストを来週に控えて

ようやく焦り出した

山中です(笑)

 

私立の大学はもうほとんど

試験が終わったみたいですね…

 

春休みのためにも

頑張らねば…

 

 

さて、今回は

昨日の山下担任助手と同じく、

夢HRでお話しした、

『大学で学んでいること』

について書きたいと思います!

 

 

今回の夢HRではまず初めに、

”工学とは?”ということからお話ししました。

 

理系の学部では、理学部・医学部と並び

よく耳にしますがどんな学問なのでしょうか!?

 

 

wikipediaによると…

 

数学自然科学を基礎とし、

きには人文科学社会科学知見を用いて、

公共の安全健康福祉のために有用な

事物や快適な環境を構築することを目的とする学問

 

だそうです、つまり簡単に言うと

「数学・理科を用いて

社会をよりよくするものを作ろう!」

という学問ですかね!

 

そして、この工学、

~工学というものを一覧で見ると

何と144種類も見つかりました!

 

その中で、僕が専攻しようと

思っているのは

機械工学です!

 

 

 

 

 

 

とはいえ、

僕はまだ1年なので、

数学や物理の基礎を勉強しなくてはなりません…

 

時間割も見ての通り、

”専門”と呼べるものは

少ないですよね。

東工大は楔形教育というものを

推しているらしく、

学年が上がるにつれて、

専門がどんどん増えていくらしいです!

 

 

これは受験勉強も同じですね!

基礎をしっかり固めて土台を作り、

その上に発展的内容を積んでいくわけです!

 

新高2・3生のみなさん、

一緒に基礎の勉強、

頑張りましょう!

 

以上

--------------------

現在新年度特別招待講習を実施中!

3月10日までのお申込みで2講座(10コマ)分

3月27日までのお申込みで1講座分の

無料体験が可能です!!

詳細・お申し込みは下のバナーをクリック!!