将来像 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2016年 8月 13日 将来像

暑い。この一言に尽きますね。

こんにちは5日前にも登場した大石です。

 

東進でよく聞く「逆算して考える。」

これは本当に大事なことだと思います。

今日は日にちなど日数のカレンダー的なことではなく

もっとイメージ的なことについてお話します

みなさん僕は建築建築うるさいですよね

なので今回も建築系・デザイン系を

例にとってお話したいと思います(笑)

 

偉大な建築家・デザイナーは世界をまたにかけ

地球上のあっちこっちで活躍しています。

(そもそもそれだけ広い範囲で活躍しているから偉大なんですが…)

 

彼らが活躍できているのには必ず理由があります。

彼らの持つ才能やそれに対する努力はもちろんのことですが、

まず、家を設計するにあたり、数学や物理の知識は

必ず必要になるでしょう。それだけではなく

世界で活躍するということは

英語だってまるで母国語であるかのように

話せなければ自分のアイデアを

深く伝えることはかないません。

 

ここで考えてください。

大学に進学したらそこではもう

専門分野に集中したいですよね?

 

もうあまり時間は残されていないです。

それならば英語や数学などは

今!完璧にしておく他ないんじゃないですか???

それに先ほど例に挙げた偉大な人たちも学生時代そうしていたはずです。

 

この夏の中盤

少し気が緩むこの時期に

もう一度

自分のなっていたい

将来像を考えてみては

どうですか?

 

以上

国立校担任助手

法制大学デザイン工学部

大石 健太