数学の解法を覚えようとしている皆様へ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2016年 11月 20日 数学の解法を覚えようとしている皆様へ

こんにちは。

最近は学祭も終わり中間試験に入っている。

 

井関泰平です。

 

早稲田祭は全国の大学でもトップクラスに入るほどの人気度で

 

僕も1日中働いていました。

こんな感じで毎年盛り上がっております。

 

さてさて今回は

数学の勉強法についてお話しようと思います。

 

皆様の中にこんな方はいますか?

 

「数学は解法を覚えればなんとかなる」

 

と思っていらっしゃる方。

 

多分僕の経験上かなり多いと思います。

 

確かにこのことは正解だと思います。

 

しかし

 

それだけで済まそうとすると大間違いです。

 

どういうことか説明していきましょう。

 

まず解法を覚えるということは

 

解けるツールを増やすということです。

 

つまりこういうことになります。

 

ここで終わってしまった場合

 

この覚えた材料が無駄になってしまうんですね。

 

つまり

 

各材料をうまく組み合わせることができない

 

ということなんですね。

 

ということは

 

適応能力が身に付かない

 

ということなんです。

 

これは入試ではかなり不利ですね。

 

じゃあどうすればいいのか。

 

それは

 

解法の理解を徹底的にすることです。

 

そうすれば簡単に材料をつなげることができます。

 

ぜひこのことを心の中に入れておいてください。

 

以上

早稲田大学 基幹理工学部 1年

担任助手 井関泰平