新学期の過ごし方 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2013年 9月 2日 新学期の過ごし方

こんにちは、東進の遠藤です。

夏休みも終わり、今日から新学期という人も多いのではないでしょうか。
夏休みを振り返ることも大切ですが、これからどう過ごしていくか考えることも、とても大切ですよ!

さて、今日は新学期を迎えるみなさんに3つお伝えしたいことがあります!

 

①生活のリズムを作り直すべし!

新学期がはじまって、夏休みの生活リズムとはまったく違った生活が始まりますよね。
今まで部活や夏期講習など、予定が不定期だったと思いますが、これからは学校を軸として、生活リズムを整えるチャンスです!

『早ね・早起きを徹底する』『勉強→学校→部活→勉強というリズムを作る』『毎日、寝る前10分間 単語に触れる』など、
自分の中でリズムを決めて、しっかりと実行できるようにしていきましょう!

 

②”合間の時間”を大事にすべし!

これまで、1日中自由に時間を使える人が多かったかと思います。
『今日は部活の日!』『今日は勉強の日!』と、ある程度自分の中で1日のテーマを決めることができたでしょう。
しかし、新学期が始まると、1日の中で学校も部活も自分の勉強もこなさなければなりません。
そんな中で、自分の勉強時間をしっかり確保するために、ぜひ”合間の時間”を大切にしてください。

たとえば、
授業と授業の”合間の時間”に復習する
家から学校に行くまでの”合間の時間”に単語を覚える…
といったように、少しの時間を大切に、勉強時間を自分で見つけていきましょう!

ちりも積もれば山となる とは、まさにこのことですね。

 

③自分の弱点・問題点を的確に判断すべし!

夏休み終盤、様々な模試を受験することで、夏休みの勉強の成果を確認した人が多いかと思います!
点数が下がった(上がった)という結果ばかりを気にするのではなく、
しっかりと自分の弱点・問題点を分析して、その対策をしていきましょう^^

よく、「今回の模試の結果を踏まえての問題点は?」と聞くと、
「英語の点数が低かったことです。次は、もっと点数をあげられるようにがんばります!」という人がいます。

たしかに、点数をあげるためにがんばる!という気持ちはとても大切です。
しかし!「点数が低かった」ことは、問題点ではなく、あくまで現状の結果です!

本当の問題点は、勉強のやりかた、本番のコンディションなどにかくれているはずです。
本当の問題点を見つることができれば、自分が何をがんばるべきか、はっきりするので、大きく学力を伸ばせますよ!

「次は○○を努力することで、もっと点数をあげられるようにがんばります!」といえるように、
しっかりと自分の弱点・問題点を判断しましょう!

 

これらのことを頭にいれて、気持ちよく新学期のスタートダッシュをきりましょう!!!

 

以上 

遠藤