新高3生のみなさんへPart2 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 12月 19日 新高3生のみなさんへPart2

 

高1・2生対象

冬期特別招待講習実施中!!

 

東進の実力講師陣の授業に

君を無料ご招待!

 

受講期間:2015年1月7日まで

 

最終締め切り12月23日(火)までのお申込みで

1講座分の無料体験が可能です。

これがラストチャンス!

お見逃しなく!!

 

————————————

こんにちは!

年末も近づいてきて、
去年のことを思い出している瀬谷です!
 
最近ですが、
スティーブン・R・コヴィーの
「七つの習慣」
を漫画版で読みました。
 
漫画だったため、かなりわかりやすく、
短時間で七つの習慣の核の部分を読めた気がして、
お得な気分でした!^^
(ただあくまで漫画版ですので、原作も読む必要性を感じました)
読んだだけだと意味がないので、
実践していって
人間として成長できるよう
これからがんばっていきたいです^^
 
今日も新高3生に向けてお話しをします!
 
新高3生へ
高2生であるみなさんは、
もう自分が「高3生」で
受験学年」であることを
意識できていますか?
センター試験本番まで残された時間は
1年と1か月です。
 
ここで一回、
受験生としての道のり
を確認してみましょう(^ ^)
 
2016年の1・2月に「入試」があります。
新高3生のみなさんは、
今、入試問題を解いて
合格する自信はありますか?
 
おそらくほとんどの方が
Noと言うと思います。
それでは入試問題を解くための力は
いつまでにつければ良いのでしょう?
 
答えは入試前ですが、
入試問題を解くための力は
過去問演習
を地道に繰り返すことで
身に着けることができます。
その過去問演習は9月から始めるので、
9月前には必ずインプットの勉強は終了して、
それに加えて問題演習を積んでいる必要があります
 
そう考えると、7・8月は問題演習やセンター対策に使いたいので、
6月までにインプットの勉強(=通期講座)を終わらしたいですね
 
新高3生のみなさんは
こういった具体的な年間スケジュールを意識して
勉強できていますか?
上記の勉強のスケジュールは
基本的に変わらないと思いますが、
例えば東大や一橋大志望の人は
もっと早くから過去問演習レベルのことをやる必要がありますし、
7・8月に文化祭の準備で忙しい人も
もっと前倒しでスケジュールを組む必要があります。
 
まだ、受験生としての年間の見通しが立っていない人は
一回計画をたててみて、
いつまでに通期講座を終わらすのか、
いつまでに問題集を何周するのかなどを
考えてみてくださいね^^
 
担任助手 瀬谷南帆
 
最後までお読みいただきありがとうございました