理系ほど英語がいる? | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 2月 21日 理系ほど英語がいる?

こんにちは!担任助手の片岡です。

雪の影響がやっとおさまってきましたね(^^)みなさんどんどん校舎に行きましょう!!

 

本日は受験についての話ではなく、大学生活、社会人になってから話をしたいと思います。

もはや学生生活において必ず付きまとう英語。社会人になってからも多くの人が英語を使うと思います。

ですがまだあまりそのことをイメージできていない方、いますよね?特に理系の人!!笑

 

実は、理系の人ほど英語がいるんです!!

まず、大学生になったら研究や課題などで海外の学者の論文を読む機会が増えます。その論文の文章はもちろん英語。

自分もこの前「ノーベル経済学賞を受賞した学者の論文を読み要点をまとめよ」という課題(論文は英語)が出て割と絶望しました笑

内容も受験英語に比べ専門的なものになり、難しくなります。

 

社会人になったら大丈夫かというとそうでもないんです!

多くの大手製造業(旭硝子、サントリーなど)は現在グローバル展開まっただ中で、営業の人だけでなく技術者にも英語力が求められています。

例えば日立の研究開発本部は全所員にTOEICスコア800点以上を求めているらしいです。

研究職の人でも英語力が必要になってくるんですね。

 

英語の勉強は将来にもつながることなので今のうちからしっかりやっていきましょう!!

以上

 

英語の勉強を始めたいという方へ!

現在新年度無料招待講習実施中です!

お申し込みはこちらから↓