眠気の取り方いろいろ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2016年 10月 3日 眠気の取り方いろいろ

こんにちは!

お久しぶりの

大石健太

です!!!

 

今日は「眠い。」が口癖のあなたを助ける情報を

お伝えしたいと思います。

(あくまで自分の経験則なので、

ホン〇でっか!?という気持ちで読んでいただけるとありがたいです)

 

もう10月になってしまい、焦りはあるけどやっぱり眠いときは眠いですよね…

そんな人にオススメ睡魔と闘う7つの方法!(東進でもできる厳選作)

1.冷たい缶ジュースで目の周りをマッサージ

飲まないんかい!って思った人もいるでしょう。

自分の気持ちいいと思う力加減で押し当ててみて下さい!

2.階段を昇る。そして降りる。

そのまんまです。とにかく気合をいれて昇り降りしましょう。

「おりゃ~」とか声を出してもいいですね。

誰かに見られてないかという緊張感も重なって

いっきに目が覚めます。

ちょうど良かった!国立校はエレベーターを使わなければ5階ぶんも階段を使えますね!(笑)

3.呼吸法

限界まで息を吐き続け、きつくなったら静かに息を吸うという呼吸法です。

具体的には、(僕のやってたやつ)

15秒間で息を吐きつくし、5秒我慢して、3秒で息を吸う。

の繰り返しです!いつのまにか頭がすっきりします。

4.フリスクを10粒以上同時に食べる。

甘いフルーツ系のものでは刺激が少ないので効果は期待できません。

ブラックミントのような刺激の強いものにしましょう。

5.冷水で肘まで洗う。

洗面所で石鹸をつけて肘まで洗うだけです。

空調が暑くてボーっとしてしまうときほど効果テキメンです!

6.最悪の事態を想像する

何でもいいです。最悪の事態を想像しましょう。

受験の事でも良いです。

「もし今このままボーっとしてたせいで落ちたら…」

なんて考えたらもう集中するしかなくなります。

7.一瞬寝る

上の六つでだめならこれですね。(笑)

ただ絶対に注意してほしいのは、

・20分以上寝ないこと

・寝る前にコーヒーなどでカフェインを摂る

ことです。

詳しい説明は省きますが、これで起きた後はめちゃめちゃ集中できます。

 

参考程度にしてみて、ぜひ試してみて下さい!

以上

国立校 担任助手

法政大学 デザイン工学部

大石健太