私が担任助手になった理由4~大田担任助手編~ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 10月 29日 私が担任助手になった理由4~大田担任助手編~

国立校にあの今井先生が

やってくる!!

これはもう出るしかない!!

11/13(木) 19:00~@国立校

↓申し込みたい方は

こちらをクリック!!

 

——————————————

こんにちは!普段は立川駅北口校で働いている大田と申します、初めましての方は初めまして!

どうして立川のひとが…という疑問はごもっともです(笑)せっかくなので自己紹介もしますね!

現在、上智大学外国語学部英語学科4年で、受験生時代はここ国立校に通っていました

1年間国立で担任助手をしたのち、2年の時に開校した立川駅北口校に移りました。

国立校時代は当時高1だった瀬谷担任助手を担当したこともあったんですよ~!

そんな縁でこの度週に一回くらい国立校のお手伝いをさせて頂くことになりました。

あまり見たことのない人がいたら「あっこの人が大田か」と認識して話しかけてくれると嬉しいです(*^^*)

 

ということで、今日は私が担任助手になるきっかけを与えてくれた国立校での受験生時代を振り返ってお話しします!

 

私が担任助手になった理由は2つあるのですが…ざっくり言うとひとつは憧れ、ひとつは大いなる下心だったんです!なんと!

担任助手の印象にも関わりそうなので下心の方から話しますね(笑)

 

下心とは…大学生になったら一人暮らしがしたい!ということでした。

何としても一人暮らしをしてみたかったわたしは高2くらいからずっと母に願望を語り続けていました。

その母が提示した条件が「第一志望に合格し担任助手をやる」だったのです!

母は東進の保護者会で担任助手システムの説明を聞き、深く感銘を受けぜひとも私にやってほしいと思ったそうです。

一人暮らしの夢が形になりかけ、私のやる気に完全にがつきました。

絶対合格して一人暮らしを勝ち取るぞ!!!という凄まじい執念こそが、確実に受験勉強の原動力だったと思います。

いま振り返るとなんて単純な…と思いますが、おかげでほとんどヘコんだりすることなく最後まで合格(と一人暮らし)に向かって突っ走ることができました!

たとえ不純な動機と言われてもいいです、このためならいくらでも頑張れる!というものを皆さんも見つけてみてください!

ちなみにその夢がどうなったかというと…大3の時の留学により結果的に叶いましたが、実家が一番だなとしみじみ思いました☆

 

二つ目の憧れ、とは純粋に担任助手の仕事内容に対して抱いていたものでした。

早い時期に上記の野望を持っていた私ですが、ちょうど今くらいの時期に担任助手とはどんな仕事なのか話を聴き、

みんなの前で堂々とプレゼンしたり、自分の経験から後輩の相談を親身になって受けたりする姿をかっこいいなと感じたのです。

また、当時の担当の先生が本当に熱心に指導してくださり、グループ面談が毎週楽しかったことも大きく憧れにつながりました。

私もあんな風に後輩が受験勉強を頑張れる理由になりたい!

楽しんで受験勉強できるようお手伝いしたい!

いまの自分がそうなれているかは分かりませんが、皆さんが嬉しそうに成績があがったことを報告してくれたり、担任助手やりたいです!と言ってくれたりした時は本当に担任助手をやれてよかったなぁと思います(^^)

 

今年度の担任助手仮登録申請(担任助手をやりたいという意思表示)は10月31日まで受け付けています!

皆さんそれぞれの担任助手に対する熱意のこもった登録書をお待ちしております(*^^*)

 

以上

国立(立川駅北口)校担任助手 大田