私が東進に通ったわけ~加藤担任助手編~ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 4月 1日 私が東進に通ったわけ~加藤担任助手編~

 

こんにちは!担任助手の加藤です。

今回は、他の新規担任助手に引き続き、私が数ある予備校の中でなぜ東進ハイスクールを選んだかを書きたいと思います。

 

私は高2の1月に部活の引退とともに東進に入学しました。

私が所属していた部活は顧問の方針で最高学年である高2に事務的なことも含め運営をほぼすべてまかせるというスタイルを取っていました。

また高1以下の後輩にもあまり仕事をまわさないようにということもあり、

高2の1年間と高1までとで部活動全体に費やす時間と労力のギャップが大きくなってしまう部でした。

そのことを理由にしてはいけないのですが、家に帰ってもペンを握らない日があったりと

受験に必要な事柄をたくさん学習する一年にも関わらず高2は親も先生も驚くぐらい顕著に成績が下がり

このままでは学習にも穴があるままで、受験勉強に突入してしまう…やばい…どうにかして短期間でライバルに追い付かなければ…

と思っていた矢先、いくつかの予備校の体験授業を受けていく中、

自分のペースで受講を進められ、また高速基礎マスターで一気に基礎の修得ができる東進ハイスクールの体験授業を受け、

これならばいち早く今までおろそかになってしまった分を取り戻せるかもしれない、と入学を決めました。

 

教科だけでなく、さらに細かく分野・単元まで分類された授業を受講することで、短い時間で苦手な箇所を集中的に学習し、

さらに受験で必要とされるレベルの力をつけてくれる授業のおかげで、引退時に悲惨だった学校の成績も上がり

志望校にかかわらず色々な大学に現在通っている担任助手の話や、一緒に勉強している意識の高い友人との交流によって

たくさんの刺激とやる気をもらいました。

受験が終わった今、東進に通ってよかったと思いますし、もっと早い段階でこのことに気づき入学していればよかったな、とも思います。

 

自分の勉強に穴があることを感じ、忙しい中でも、あるいは急いでその穴を補修したい人、

もっと本格的な受験勉強をするきっかけが欲しい人は

ぜひ東進ハイスクールを訪れてみてください!!!!

 

 

以上で私の「私が東進に通ったわけ」を終わりとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!