私が東進に通ったわけ~江戸担任助手編~ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 2月 14日 私が東進に通ったわけ~江戸担任助手編~

こんにちは!担任助手の江戸です。今日はバレンタインですね!

「私が東進に通ったわけ」シリーズ第5回です^^

 

第1回から国立・国分寺高校出身の担任助手が続いていますね

私も国立高校出身ですので、文化祭、部活で忙しかったという面で、東進を選んだ経緯はあまり変わりません。

第1回から4回までで紹介してくれたように、

自分の予定に合わせた授業が組めること が

私にとって最大の魅力でした。

ちなみに私は高2の12月に入学しました。この時期から文化祭準備で忙しい毎日を送っていました・・・

 

さて、今回は、東進に決めたきっかけの一つとして、

苑田先生の物理

を紹介したいと思います!!

私は苑田先生のハイレベル物理をとっていたのですが、

この授業はとにかく本質を追求している!と感じました。

微分積分を使った物理は、高校生の私にとっては少し難しいものでしたが、

受講を進めていくにしたがってその便利さに感動しました!

大学に入った今、あの授業のおかげで大学の物理も理解できているなーと実感しています。

大学に入ってからも役に立つ勉強を、高校のうちから学べる、ってすごいことだと思いませんか?

 

 

 

 

 この授業に感動したひとは私の周りにもたくさんいます・・・!

興味のある方は、ぜひ一度みてみてください!

 

もちろん、林先生の現代文の授業にも感動しましたが、それはまたの機会にご紹介します^^

 

現在新年度無料招待講習実施中です!

ぜひこの機会に、気になる先生の授業を受けてみてください!

お申し込みはこちらから↓

 

以上 江戸