私が東進に通ったわけ~長島担任助手編~ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 2月 17日 私が東進に通ったわけ~長島担任助手編~

みなさん、こんにちは!担任助手の長島です。

今日で第八回目を迎えるこのコーナー、今日は受験は一人じゃできないという観点から僕の塾選びを紹介したいと思います。

 

僕が塾に入ったのは高2の春、最初は東進ではない別の塾でした。

しかし桐朋高校野球部で週5で練習、残りの2日も自主練をしていた僕はすべての授業に出席することはできていませんでした。

それでも学校の成績はそんなに落ちておらず、そんなに心配はしていませんでした(お金はもったいないなとは思ってましたが)。

そこで迎えた8月、前の塾も続けていましたが、部活と両立できる塾はないかと、いろいろ探してたどり着いたのが東進国立校でした。

今までのブログにあったような両立できる環境はもちろんのこと、そこで伺った担任助手という制度に強く魅力を感じ入学を決めました。

 

皆さんにとって初めての大学受験、知らないことや不安になることというのは想像以上にたくさんあるものです。

そんな時、普通の塾ではこうしたら、という指導はしてくれても、どうしても先生の年が離れていることもあり、距離がありがちです。またチューター制度を導入している塾でも20人のクラスに一人という状況が多いです。

しかし、東進では大学生の担任助手が一人一人にしっかりとつくことができるため、目線を同じにして一緒に不安なところを考えてくれます。

授業の話、授業以外の勉強の話、大学受験の知識、大学の話、さらには部活の話・・・

正直こんなに丁寧に面倒を見てくれるのか、と驚きました。

受験には大きな勉強の流れというものあありますが、ひとりひとり細かい勉強の流れというのは違います。

ひとりひとりにあった勉強方法を、受験を経験した先輩が一緒に考えてくれる、これほどすばらしいことはないと思います。

 

第一志望合格にむけて、ひとりひとり最善の方法での勉強を!

一緒に頑張っていきましょう!

 

以上

 

このブログを見て東進に興味をもった方へ!

現在新年度無料招待講習実施中です!

お申し込みはこちらから↓