私大入試のポイント | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2013年 2月 5日 私大入試のポイント

いよいよ私大入試が今日から本格化してきますね。

今回は受験生向けにお話します!

 

*私大入試のポイント*

①過去問を制すものは入試を制す

これは私大も国公立大も同様ですが、過去問は第一志望校なら10年以上、それ以外なら3年、5年以上は確実にといて傾向などを理解しておこう。

1.傾向と対策

国公立大と違って私大はそれほど長文の論述問題を出題する大学はそう多くはありません。私立は国公立大とくらべて知識量が問われることが多く、英文の量や単語の難解度が上がり、歴史等ではより多くの細かい知識が必要になります。出題傾向を見て対策を考えましょう。

2.時間配分

当日落ち着いて試験に臨めるように時間配分を決めましょう。私大は量が多くなることが多いため、もし解き終わらないようであるなら、どの問題から解いていって何割を狙うのかしっかり作戦をたてましょう。

 

②わからなければ、後回し!

しっかり時間配分や解く順番を決めても思い通りにならないことは、入試において十分にありえます。時には受かるために問題を捨てる覚悟もして下さい。わかるものから確実に解いて行きましょう。

 

③新しいものに手を付けない

新しい参考書を解いて、全ての問題を解けるようになるほどの時間はもうありません。今まで使ってきた参考書をまた復習しなおして、確認しましょう。

 

~試験前日~

ⅰ.試験会場、持ち物の確認

当日に電車が遅延することも多々あります。そんな時でもスムーズに会場に迎えるように確認してください。持ち物や着ていく服は前日の夜に枕元に準備して当日の朝に余裕を持たせましょう

ⅱ.早寝早起き

不安だからと夜遅くまで勉強はせずに、しっかり睡眠をとること。眠れなくてもベットに横たわって頭と身体を休める方が良いです。朝は試験が始まる3間前には起床して頭をすっきりさせましょう。

ⅲ.いつも通りに

前日の勉強は過去問や、問題集、参考書の復習にとどめましょう。いつもと違う生活リズムや変わったことをすると眠れなくなったり、新たにわからないことが出てくるとすごく焦ったりします。いつも通りを心がけることです。

ⅳ.体調管理

風邪を引かないのはもちろんのこと、ご飯の食べ過ぎや、ナマモノ冷たいもの等は避けるのが吉です。

 

当日不安になることもあると思います。チョコレートを食べる等できるだけリラックスするようにして、今まで積み重ねてきたものを解答用紙にぶつけましょう。

自信を持ってがんばってください!!

矢沢