続・公開授業の様子 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2013年 11月 7日 続・公開授業の様子

こんにちは、杉本です!

昨日の11月5日、安河内先生の公開授業が国立校で行われました!!

 

私も公開授業の場に居合わせることができたので、個人的に公開授業で印象に残ったことをお伝えしたいと思います^^

まず、「英語の勉強は50%が音読!」。     

確かに、発音が出来ない単語は聞き取ることも覚えることも難しいですよね!

特に日本の学生は発音せず机でがりがり勉強しがちなので要注意!ということでした。

次に、公開授業実行委員の生徒の英語スピーチ!!   

国立校に通う生徒が、安河内先生に感謝の意をこめた2分間ほどのスピーチを英語でしてくれました!

あのスピーチは、うまいだけでなく、たくさん書き直したり練習したりしたこと、それを安河内先生や公開授業に参加してくれた学生全員の前で発表することの緊張が伝わってきました…!

あのスピーチを聞いて自分も頑張らなければ、と思わせてくれるスピーチだったと思います。

最後に、安河内先生からのメッセージ!    

安河内先生は、何のために英語を勉強するのか?という問いかけをしました。

英語は世界中の人とコミュニケーションをとるためのツール!!テストのために勉強するのではない!

とおっしゃっていました。

言葉でやり取りできなくても相手に伝わることは確かにあると思います。ですが、言葉で伝えたいときもあると思います。

私は、今年の夏フィンランドに行ったときにお世話になったフィンランド人の方とコミュニケーションととる時に、とても実感しました。相手の言っていることがわかる、自分の言いたいことが伝えられるというのはとても大切なことです。

 

上に挙げたことは、私が個人的に印象に残ったことなので、ぜひ校舎にいる公開授業に参加してくれた人といろんなことを共有してみてくださいね!私もみなさんに聞いてみようと思います^^

 

最後に、公開授業実行委員のみんな、公開授業に参加してくれたみなさん、安河内先生、ありがとうございました!!

次回の公開授業もお楽しみに!!

 

杉本