認知的方略をせよ! | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2016年 10月 29日 認知的方略をせよ!

こんにちは。

国立校のへらへらと言えば麻生とも言われるほど

普段は口元が緩んでいる麻生ですが、

大学の授業はとーーーーーっても真剣に受けています。

 

そんな麻生が今日学校で学んだ中で

これはみんなに役立つぞ!と思った内容があったので

お話します♪

 

学力とは!!!!?

 

 

みなさん、学力とは何だと思いますか?

実は学力には分類がありまして、こんな感じになっています。

 

 

 

一口に学力と言っても色んな種類があるんですね~

 

そんな中で取り上げたいのが、

学ぶ力の中の

認知的方略!!

 

つまり、情報をどのように処理するかということです。

 

例えば・・・

 

この数字の羅列を10秒で覚えてくださいと言われたらどうですか?

 

 

気づいた人もいるかもしれません。

645

794

1192

1945

こうしてみるとどうでしょう?

 

14桁の数字の羅列から歴史的に重要な4つの年に変わりましたよね

こうすると一気に覚えやすくなる!

 

これを精緻化方略

と言います。

 

このように、既に知っている知識と関連づけると人は覚えやすくなるんですね~

 

だから、この10年後は〇〇が起こって、そのさらに10年後は□□が

という風に覚えると、実際に覚えなきゃいけない年数は

最初の1つだけでよかったり。

 

 

こんな風に勉強の仕方をすこーーーし工夫すだけでぐっと覚えやすくなります!

 

 

ぜひ意識してみてください♪

 

以上

東京学芸大学 麻生実来