逆転合格が出来る人はどんな人か | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2016年 3月 17日 逆転合格が出来る人はどんな人か

久しぶりの登場

担任助手の平尾です!

 

私は最近何をしているのかというと、

新しい趣味を見つけました。

 

それは!

カメラです!

 

カメラ本体の写真は

著作権などにはひっかからないらしいですが、

一応載せませんので

気になる人は調べてみて下さい。

Nikon 1 J5 というミラーレス一眼です。

 

もともと写真を撮るのが好きで、

成人祝いに両親に買ってもらいました!

 

カメラを持って出かけるのが

最近の楽しみです!(^^)!

 

さて、今日は

私が今年度担当させてもらった

とある生徒の話をしたいと思います。

 

 

都立清瀬高校から

早稲田大学社会科学部に合格した

田畑風野(たばたすずの)さんです。

 

見事第一志望校の

早稲田大学に受かった田畑さんですが

もともと勉強ができたのかというと

そういうわけでもなく

受験勉強を始めるのが早かったのかと

そういうわけでもなく・・・(笑)

その名の通り

逆転合格を果たした人物であります。

 

どれくらい逆転だったのかというと、

約一年前入学したときの

成績がこちら↓

 

そこから一年間でめきめきと点数を伸ばし

このような点数に!

 

 

特に英語の伸びが半端ないですね。

 

そして見事

早稲田大学 明治大学

青山学院大学 法政大学

中央大学に合格しました!

 

正直一年前は田畑さんが

早稲田に受かるなんて

本人を含め誰も予想できなかったと思います(笑)

 

では、なぜ彼女は

逆転合格をすることが出来たのでしょう。

 

逆転合格というと

受験勉強を始めるのが遅かった人

誰しもが願うことだと思います。

私もその一人でした。

 

高3で本気出せばいけるっしょ!

と思ってる人も多いと思います。

私もその一人でした。(笑)

 

でも実際、

受験生になると

もともと勉強を頑張っていた人も

より一層頑張るわけですから

そこそこの努力では

逆転することはできません。

 

並外れた努力、

そして圧倒的な勉強量が必要なのです。

 

それができていたのが

田畑さんです。

 

では、どれくらい勉強していたのか

見ていきましょう。

 

受講状況はこんな感じ。

 

 

 

 

数学と国語も同じような状況です。

 

これだけの量をこなして且つ

確認テストはもちろん

修了判定テストまですべてSS!

 

そんな簡単なことかよって思う人も

いるかもしれませんが

これできてる人本当に少ないです・・・

 

ひとつひとつ完璧にこなしていく人が

やっぱり伸びるんですね。

 

ちなみに週間受講コマは

少なくて5コマ

多いときは15コマくらいでした。

 

それも数週間連続

10コマ越えとか普通でした。

 

また、高速基礎マスターも

英単語、英熟語、英文法を完全修得したのち

英単語、英熟語をもう一度復習・完全修得し、

上級英単語・上級英熟語まで完全修得しています。

 

さらにさらに

過去問演習をどのくらい

頑張っていたのかというと

夏休みにセンター過去問

10年分×2周(国語は3周)

プラス大問別演習という

大問ごとに演習できるやつ

(そのままですね笑)

をとにかく大量にやっていました。

 

 

 

ただ量をこなすだけでなく

きちんと復習して

2回目では確実に8割を超えているのが

大事なポイントです。

(国語は苦手みたいですが、この演習量のおかげで

本番ではしっかり177点取っています)

 

さらにさらにさらに

ものすごいのが

一般入試の過去問演習の量!

 

早稲田大学の過去問

10年分×3周は当たりまえで

慶應義塾大学や青山学院大学など併願校まで

しっかりと対策していて

10年分×3周を30年分とすると

合計で100年分以上演習しています。

 

これは正直脅威です(笑)

ここまでやれるのは本当に少数だと思います。

 

過去問演習の時期にならないと

この勉強量がどれだけすごいのか

あまりわからないと思いますが

簡単に言えば

(私の主観ではありますが)

標準的な勉強量の人と同じ勉強時間で

3倍くらいの勉強量だと思います。

(勉強時間に対する勉強の質がすごい!)

 

1年間担当していていつも

そんなにできたの!?と

驚かされるばかりでした。

 

でも、

逆転合格するには

これだけの勉強量が必要なんだ

と田畑さんの受験をみていて思いました。

 

受験勉強を始めるのが遅い人、

まだ志望校の合格ラインに手が届かない人、

逆転合格するには

これだけ勉強する覚悟が必要です。

 

でも逆に言えば

これだけ勉強できれば

合格できる可能性が出てくるかもしれません。

 

自分で天井を決めずに

常に上を目指してがんばっていきましょう!

 

田畑さん本人から話をききたい人は

ぜひ3/25(金)19:30~の合格報告会へ!

 

東進生じゃない方も

ご参加いただけますので

ぜひ校舎にご連絡ください!(^^)!

 

以上

国立校 担任助手 平尾いずみ