過去問演習は11月がラストチャンス! | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 11月 9日 過去問演習は11月がラストチャンス!

国立校にあの今井先生が

やってくる!!

これはもう出るしかない!!

11/13(木) 19:00~@国立校

↓申し込みたい方は

こちらをクリック!!

 

————————————————————-

こんにちは!!自分の大学が学祭最終日な加藤です。

またまた宣伝になりますが

農工大は9日(今日)まで大学祭やってます!

各学科の紹介、サークルの紹介のほかにも

きっと農工大らしいおいしいものも手に入る!(たぶん)

是非来てみてね!!!

 

それはさておき

今週は、現在高3生が取り組んでいる

過去問演習・答案練習講座の

ペースについて

語りたいと思います。

 

国立校では11月末までに最低でも

私立では10年分

国公立では7~8年分

解く!

という風にいってきましたが

進捗のほどは皆さんいかがでしょう?

ペースとしては

国公立の人で4~5年分は

すでに到達しているのが理想です。

 

ペース通りにいってます☆

という方

その調子で頑張れ!

また今までの自分の答案、それの直しをみて

具体的に伸ばす部分をどこにするか

しっかり自分で分析しつつ進めていくのを

忘れないようにしてくださいね。

 

全然進んでいない…(´Д`)という方。

原因があると思います。

少し列挙してみました。

①“まだ過去問演習をする前に

やることがある…”と言う人

まずはとりあえず1年分解いてみましたか?

なぜこの「とりあえず1年分」にこだわるかといいますと、

それはずばりゴールまでの距離を知るため。

マラソンでもいつまで走るかわからないものよりも

距離や時間が分かっていた方がより

考えながら走れますし、

精神的に楽じゃないですか。

それと同じです。

前のブログにも書いてありますが、

最初4割程度の得点が取れていれば

過去問の演習中に

あなたの実力は伸びていく、つまり

過去問演習の適正な段階に

来ていると判断してよいのです。

 

まだ4割以下の得点しか得られない、という場合、

センターレベルの模試の成績にも目を向けましょう。

全国統一高校生テストを最近受験したと思いますが

全ての土台となるセンターレベルで

点が取れなかった科目があった時

きっとそれは二次私大の過去問もうまく点が取れず

基礎根本がいまだ揺らいでいることが疑えます。

なぜ点が取れなかったのか分析していますか?

例えば数学で最初の方で計算をミスって

芋づる式に大問丸ごと爆死、なんて例もあれば、

理社で頭に入っていない分野があって

それで低得点という例もあると思います。

後者は過去問演習に入る準備として

センターレベルの問題も演習してみることを

お勧めします。

1年分解いてみて、4割以上の得点が得られた科目については、

どんどん進めていきましょう。

12月に入ってからはあまり時間はありません。

11月が過去問を進めるラストチャンスです。

 

②“なんだかんだでできない”という人

高3生は今の時期模試もあったりして

やることが山積して思えるでしょうが

時間がないのはみんな同じ。

全ての準備が終わって受験に臨む人は

まあ、いないわけではないんでしょうがごく少数です。

つまり、優先順位をつけなければならない。

そういうのがうまい人が受かっていくんだと思います。

時間対効果が高いのが過去問演習。

過去問演習を「○○が終わってたらやる」という風に

優先順位的に低くしていると

いつまでたってもやれません。

時間がまとまって必要ですから当たり前です。

この時期は受講と並行して過去問演習を進めて

毎週1年分解くという風に決めたらそれを軸に

一週間のスケジュールを決めましょう。

 

そろそろカレンダー的に

良くも悪くも入試本番まで見通しやすい

時期になってきました。

何度も言いますが

11月が過去問を進める

ラストチャンス!

と思ってください。

優先順位がつけられない!

自分の最重要課題が分からない!

この科目について何をしたら良くなる?

と悩んだらスタッフに相談してください。

一緒に客観的に考えましょう。 

 以上

 

————————————————————-

高12生対象冬期特別招待講習実施中!!

東進の実力講師陣の授業に君を無料ご招待!

受講期間:2015年1月7日まで

12月10日(水)までのお申込みで

3講座分の無料体験が可能です。

(12月17日までのお申込みで2講座分まで、

12月23日(最終締め切り)までのお申込みで

1講座分までとなります)