過去問進んでますか? | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2017年 9月 30日 過去問進んでますか?

こんにちは!

iPhone5Sを3年半ぐらい使っていて

さすがに機種変しようかなと

思っている平尾です。

 

さて、今回は改めて

過去問演習を進めるうえで

大切なこと3つを紹介します!

 

①復習をしっかりやろう!

 

模試と同じく、

やりっぱなしでは意味がありません。

どこを間違えたのか、

どうして間違えたのか、

毎回しっかり振り返りをしてください。

 

また、過去問ノートを作って

できなかった問題をまとめておくと、

後で復習するときに便利ですよ!

 

入試問題というのは、

各大学が、

「こういう問題ができる人に

入学してほしい」

と思って作っているものです。

なので志望校の過去問は

しっかり研究しましょう!

志望している大学が

何を求めているのか

わかるようになるはずです!

 

②4割に届かないときは

一旦ストップ!

 

センターレベルが固まらないうちに、

志望校対策を始められないのと同じく、

過去問で4割の得点が取れない場合は、

問題集や、受講の復習に戻りましょう!

 

逆に、4割取れている場合は、

演習→復習→解き直し

のサイクルを守って

どんどん進めよう!

 

③進めるペースは、

国立は11月末までに7年分、

私立は10年分!

です。

 

12月に入ると、またセンター対策に入ります

復習にかかる時間や、

過去問演習以外の勉強のことを考えると、

これくらいのペースで進めるのが

ベストなのです!

 

今、この時期に

特に意識してほしいのは

③です!

 

国立校に通っている人は

わかると思いますが、

理想のペースでは、

まず、9月中に1年分

実施することになっています。

 

この記事を見ている皆さん、

ペースをしっかり

意識できていましたか!?

 

受講や高速マスターに関しては、

短期集中で一気に詰めても

うまくいったかもしれません、

しかし、過去問演習については

実施→復習→解き直し

のサイクルを崩して、

一気に進めても、

効果は得られません。

 

もう一度、ペース配分を

しっかり確認しましょう!!!

 

以上

明治大学文学部心理社会学科4年

平尾いずみ