*11月の模試*センター試験高校生レベル模試が近づいています! | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2014年 11月 1日 *11月の模試*センター試験高校生レベル模試が近づいています!

 

国立校にあの今井先生が

やってくる!!

これはもう出るしかない!!

11/13(木) 19:00~@国立校

↓申し込みたい方は

こちらをクリック!!

 

——————————————

こんにちは!!担任助手の加藤です。

とうとう11月になりましたね!!!

大学では大学祭ラッシュです。

毎週末どこかしら大学祭をやっていいるので足を運んでみましょう。

ちなみに農工大は11月7,8,9、日に大学祭やってます!

是非来てね!!!

 

さて今回は勝手に11月の模試、と題して

センター高校生レベル模試

のことについて

紹介したいと思います。

 

皆さんセンター高校生レベル模試について

どれくらい知っているでしょうか!

まず、対象学年について。

高校生レベル模試は対象学年は高12生、

つまり高3になっていない高校生が対象です。

しかし、現在高2生で2015年から高3になる、という人は

もうこの時期からセンター本番レベル模試に

シフトしていくことをお勧めします。

ではセンター本番レベル模試と何が違うのか。

センター本番レベル模試はその名の通り

毎年1月第3週に実施されるセンター試験と

模試。つまり

高校の学習指導要領に含まれている学習内容すべてが出題範囲です。

それに対して、センター高校生レベル模試は

まだ受験学年に到達していない人を対象にして作られていますので、

理科社会の科目はなく、

英数国も

中学校履修全範囲+高校の標準的な「基礎レベル」が出題範囲です。

これにより、高校の履修が終わっていなくても

どれくらい自分の学習が定着&進んでいるのかわかります!!

 

 

でも、

まだ高1だし?

今から今からって

そんな受験になんかひびかなくない??

 

 

甘い、甘すぎるよ高1のみなさん。

英数国基本3教科は、理科社会に比べて

すぐに伸びづらい教科といわれています。

それはどういうことか。

高2の後半になって一念発起して

よし、受験生になるぜ!!となって勉強を始めても

英数国はすぐに成果が見えてこない&時間がかかるってことです。

このような科目は積み上げ科目と言われます。

高3になってより高度なことに挑戦していきますが

そのすべては土台となる高12に支えられています。

つまり受験を初めて

あれ、この単語(熟語・文法)の意味なんだっけ…、とか

あれ、ここの計算どうしたら処理できるんだっけ、習ったのになぁ…なんてやっていると

莫大な時間がかかって伸ばすなんてどころの話じゃなくなってしまいます。

 

高1で習ったところはその時のうちにしっかりつぶしておく。

そのことで後々の自分の勉強の開始がスムーズになっていくでしょう。

そのために高校生レベル模試があります!!!

ここでしっかりと自分の実力&忘れているところを補強できます!

 

高校生はやること・やりたいことがたくさんあると思います。

しかしメリハリをつけて限られた時間でもたくさんのことをこなしていくスキルを

高12生のうちに培ってください。

高校生は二兎を追って、二兎とも得られる。そんな存在です。

 

長くなっちゃいましたね…

でも高12の勉強内容の重要性について、伝わったらいいなと思います。

センター試験高校生レベル模試は国立校では実施しませんが、

近いところでは八王子校、調布校等で開催されます。

ここでしっかり受験&復習しておきましょう!!

 

以上

 

------------------------

高12生対象冬期特別招待講習実施中!!

東進の実力講師陣の授業に君を無料ご招待!

受講期間:2015年1月7日まで

 

12月10日(水)までのお申込みで

3講座分の無料体験が可能です。

(12月17日までのお申込みで2講座分まで、

12月23日(最終締め切り)までのお申込みで

1講座分までとなります)