選択の幅を狭めないために | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2016年 10月 2日 選択の幅を狭めないために

みなさん、こんにちは。

 

最近疲れがたまりまくっている木村です。

 

ここ最近喉を痛めまして結構大変です。

「喉痛い」の画像検索結果

でもめげずにブログを書きます、頑張って(笑)

 

先日別の人が

何のために勉強しているか」について

書いていましたね。

それに付随して今日は

お話したいと思います。

 

そして今日のお話の対象は高1,2生です。

受験生はこの話はすっ飛ばして下さい(笑)

 

さあ、高1,2生のみなさん、

自分のやりたいことが見つかって、

それを叶えるのにふさわしい

大学を探しているとしましょう。

 

でも、せっかく本命の大学を見つけても、

受験科目が障害になってしまったら・・

 

例えば

①一橋大学をものすごい受けたいのに

数学がボロボロで諦めた

②京大を受けたいのに

国語が本当に嫌いで諦めた

 

ただ「~が苦手だから」という

理由で選択肢を狭めてしまうのは

もったいないと思いませんか?

「もったいない」の画像検索結果

 

ではそんなもったいないことが

起きないためには

どうすればよいのでしょう・・

 

僕から言わせてもらうと、

主要3科目をきっちり固めること

だと思います。

「英国数」の画像検索結果

 

志望校を諦める大体の原因は

国語か数学のどちらかが出来ないと

思ってしまっているからです。

 

今からでも全然大丈夫。

自分の夢への第一歩として、

3教科の勉強を積んでおきましょう。

 

以上

慶應義塾大学 理工学部

木村友哉