ブログ | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ 

2013年 2月 12日 大学生活をのぞいてみよう!シリーズ④

こんにちは!東進の遠藤です。

今日は、私が通っている、
慶應義塾大学環境情報学部 について紹介したいと思います!

私が通っている、慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(通称”SFC”)は、
「ちょっと変わった学部だ」とよく言われます。

何が”変わっている”のか、それは、ここSFCで、
『学問横断的な学び』ができるという点です。

わかりやすく言えば、SFCでは、様々な分野を、自分の興味や将来設計にあわせて履修できるのです!
自分の興味や将来設計にあわせて、様々なアプローチから学ぶことができる、と言った方が適切かもしれませんね。

どうして、このようなキャンパス理念が生まれたのか、
少し説明しましょう^^

今、社会には、一つの分野のみからでは解決できない問題が沢山ありますよね。
例えば、環境問題一つをとってみても、
生物学、社会学、法律学、化学、地学、、、
など、様々な分野の知識が必要になってきます。

もちろん、これらの諸科学の専門性を深めることも、凄く大切です。
でも、諸科学の専門性を深めて、これらを俯瞰的に(全体的に)みて、中立的な立場で、問題を解決することこそが、
実はとても難しいのです。

SFCは、沢山の分野の知識を取り入れ、様々な観点からの解決可能性を探求し、中立的な問題解決項を見つけ出すことを目標としています。
一つの分野を深めるだけではなく、様々な分野について深く掘り下げ、
問題発見・問題解決のスペシャリストとなること、
それがSFCの特徴なのです。

これから大学で専門的な分野を学ぶ人も、
少し、世界を広げることで、
新しくみえてくるコトがあるかもしれませんね^^

2013年 2月 11日 大学生活をのぞいてみよう!シリーズ③

国立校担任助手の畑江です。

早稲田大学 創造理工学部 建築学科(理工 大久保キャンパス)に通っています。

今回は私が所属しているサークルについてお話します。

 

所属サークル①:「 早稲田大学英語会 Waseda  English Speaking Society 

他大学生ははいれないので、全員早稲田生です。(200人くらい所属している大きなサークルです)

早稲田大学英語会(通称:W.E.S.S.)は創立120年の歴史あるサークルです!

活動としては主に、Speech , Debate , Dorama , Oral Communication をもちろん英語でおこなっています。

1年間行事などがみっちり詰まっていてとても充実した日々が送れます。

<Speech>

年に何回かW.E.S.S.内でSpeechをします。希望者は大会に出場することもあります。

また、

大隈杯という日本一のSpeech大会を運営しています。

日本全国から選び抜かれてきた人たちが参加する大きな大会です。

<Debate>

ひとつの議題について肯定と否定に分かれて議論し合います。

3年生や希望者のひとたちは大会にでたりしています。

<Dorama>

 

 

 

 

 1年生時に実際に英語のセリフを覚えて演技をします。

また、

四大学英語劇大会という(早稲田・立教・慶應・一橋&津田塾)

の四団体が英語劇で競い合う大きな大会が毎年恒例であります。自分たちで(台本)を決め、それに合う舞台セットや小道具、音響、キャスト をすべて自分たちで作り上げていきます。

115分の時間の内に何もない舞台上にセットを組立て、キャストが劇をし、セットを解体してなにもない状態にするまでをおさめなくてはいけません。

NativeのJUDGEさんが採点してくださり、優勝がきまります。

この大会は英語劇で日本最大とも言われる 大会です。

 

とても本格的なので一生の思い出になります!!!

 

3年生はサークル全体の運営をしたり、2年生は企画したり様々な体験ができます。

活動内容は真面目そうに見えますが、夏は大きな楽しむ合宿があったりいろんな企画があり、英語が苦手と感じるひとでもとても楽しむことができます!!

実際に、英語がやりたくて入ったわけでないひとたちもたくさんいます(笑)。

 

大学生活は自分の好きなことを思う存分やれる場だと思います!

自分から求め、行動し、様々なことを体験してください!!

2013年 2月 10日 大学生活をのぞいてみよう!シリーズ②

こんにちは!担任助手の中野です。

 

今日は僕の通う大学、東京外国語大学の学園祭、外語祭について紹介しようと思います。

 

外語祭は、毎年11月下旬、五日間にわたって開催されます。

外語祭には、「料理店」と「語劇」という2つの目玉があります。

料理店は毎年一年生が出店して、各言語圏に特化した料理が出されます。

(料理店の様子)

例えばドイツ語学科の料理店は、主にジャーマンポテトやソーセージなどのドイツ料理を売りにしています。(大人の方々にはビールも人気です。)

他にも、中華やイタリアンは勿論、インドネシア料理やポーランド料理などの普段は中々お目にかかれないメニューが沢山あります。

語劇とは、毎年二年生によって行われる、専攻語での劇のことです。

(ドイツ語劇の様子)

つまり、英語学科は英語で、モンゴル語学科はモンゴル語で劇を上演するのです。

僕も去年、ドイツ語学科の劇「二人の兄弟と2つのメルヘン」に、グリム兄弟の弟として出演させてもらいました。

去年は他にも、中国語学科の「ムーラン」、ポルトガル語学科の「ロミオとジュリエット」など、面白い劇が沢山ありました。

もちろん字幕もついているので、その言語を知らない人でも十分楽しめます(笑)

 

ここには書ききれないほど、外語祭の魅力は他にも沢山あります。

興味を持った人は、是非来年度の外語祭に足を運んでみてください!

パスポート無しでの異文化交流ができますよ!

2013年 2月 9日 大学生活をのぞいてみよう!シリーズ①

こんにちは!国立校の杉本です。

今日は、国立校担任助手による「大学生活をのぞいてみよう!」シリーズ記念すべき第一回を担当させていただきます。

まずは、自己紹介をば。

私は早稲田大学人間科学部に通う1年生です。授業はプログラミングなどパソコン関係のものを中心に履修していて、

現在サークルは2つ所属しています。

今回はそのうちの1つ、出版サークル「MAG!」についてご紹介したいと思います。

 

 「MAG!」

 通称:マグ

 年に3回、A6サイズのフリーマガジを発行。

勉強と勉強の「スキマ」の時間に読むのに最適なフリーマガジンがコンセプト。

 発行部数は1万部

首都圏の81大学でゲットできる。

学生だけで制作・営業・流通・Web管理まで運営している。

See full size imageMAG09spring_button

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去にインタビューした人は、宮崎駿、ちばてつや、福澤朗など!!

興味をもった、読んでみたいという方はMAG!のホームページまでどうぞ!過去号をネットからでも見れますよー!→http://magnetpress.net/

2013年 2月 8日 スタンプカード現わる!?

 こんにちは!東進の瀬戸です。

今日は新しく始めるイベントの紹介をします!!

その名も・・・「国立校努力値スタンプカード!!」

(※名称は変わる可能性があります)

受講、登校、修判、高速マスター等でポイントがたまっていくシステムです。

向上得点にいくつか要素を加えたもので、ポイント=努力量になっているので

頑張りが一目で分かるすぐれものになっています!

★ポイントについて★

・登校⇒1p  9:00までに登校⇒さらに1p 7日連続登校⇒×2p 在校時間5時間ごと⇒さらに1p

・受講⇒1p

・修判⇒5p

・高速マスター修得⇒5p 完全修得⇒5p

50pたまると表彰になります!!みんなの努力次第で賞品もつくかも!? 

 

近日開始予定です!デザインが楽しみですね!

ポイントをためることが目的になってはあまり良くないと思いますが、やはり努力が目に見えた方がやる気もアップすると思うので

ポイントカードをモチベーションを上げるアイテムとして利用して、実力をつけていきましょう!