Dr.Ishikamiによる病気予防のお話 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ

2016年 10月 13日 Dr.Ishikamiによる病気予防のお話

みなさんこんにちは。

国立校のDr.Ishikamiです。

今日は病気の予防のお話をします。

 

 

え?

なんでみんなに変な目で見られながらも

そんなことするのって?

 

 

それはね

みんな体調悪そうだから。笑

 

 

夏ももうどっかに行っちゃって

すっかり秋になって気温も下がってきて

今が1年で1番体調壊しやすい時期かなと思って

こういうことします。笑

 

 

時間がなかなかないみんなには

病気なんかで時間取られないでほしいし

単純につらいしね。笑

 

 

いまからいろいろ書いていくので

よかったら参考にしてください(^^)

 

 

①寒冷刺激を避ける。

長時間冷気を吸い込むと、鼻の粘膜にある線毛の動きを悪くして

ウイルスが付きやすいようになってしまいます。

体を温かく保つことが重要です。

 

 

②うがいをする。

口やのどの粘膜に付いたウイルスを

洗い流す効果があります。

しかし病原体は素早く細胞内に侵入するので

効果は期待できないという説もあります。

 

 

③マスクをつける。

細菌やウイルスはとても小さいので

マスクやガーゼは通り抜けてしまいます。

しかしマスクをつけると

口内の湿度を高く保つことが出来るので

ウイルスが繁殖しづらい環境を作れます。

 

 

④手を洗う。

身の回りのものには細菌やウイルスが付着しています。

例えばつり革、手すり、ドアノブです。

どれも手で触れるものですよね。

人間は無意識に口や鼻に手を持っていく習性があるので

ウイルス・最近は体内に侵入します。

手を洗う事は最大の予防です!

 

 

⑤栄養と休養

不規則な生活と栄養不足は線毛の動きを鈍くして

抗体の生成を送らせてしまいます。

睡眠と食事をしっかりとって

免疫力を下げないことが大切です!

 

 

どうでしたか?

すぐに始められそうなものはありましたか?

すぐに実践してこの季節を乗り越えましょう!

 

 

Dr.ishikamiがお送りしました!

See you!!

 

 

以上

中央大学文学部人文社会学科社会学専攻

石上諄