校舎の様子 | 東進ハイスクール国立校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール国立校 校舎長 安倍 寛人

こんにちは!東進ハイスクール国立校、校舎長の安倍寛人です。
大学受験は「受験戦争」とも言われ、大切な勝負の場です。しかしそれだけではなく、自分の人生の多くの部分を決める、自分と本気で向き合う場でもあります。[13歳~18歳]この大切な時間に、この先80年のことを考えてみましょう。自分や周りの人、社会のために、「今」本気の努力をしましょう。国立校では毎日、多くの生徒が将来のことを考え、目の前の一歩としての勉強に向き合っています。合格に足るだけの勉強の「質」と「量」を確保する指導を持って、皆さんのご来校をお待ちしています!

国立校は、JR国立駅南口より徒歩1分、2013年3月に移転した、新しい校舎です。学園都市国立の知性漂う環境の中、様々な高校から本気で勉強を頑張ろうと志す生徒が集まってきています。受付や面談ブースは、高校等の繋がりを超えた、アットホームで仲の良い雰囲気が溢れています。「受験は団体戦」、国立校での‘戦友’皆で、未来に向けて共に歩んでいます。一方、授業を受けるホームクラスは、一回一回の受講を本番だと思い、全力で学習に挑む緊張感と気迫に満ちています。「大成長の空間」、それが国立校です。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

安部 歩夢 くん 東京工業大学 第4類
東京都立国立高校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール国立校 OB
安部 歩夢 くん 東京工業大学 第4類
担任助手として一言
全部やって全部やりきって全部楽しかった!そんな高校生活にしたいと思って僕は東進ハイスクールに入りました。東進のシステムを使えば自分の勉強時間を柔軟に確保する事が出来て、部活や学校行事に全力を注ぐことが出来ました!そして体現したと自負しています。それはいろんな方の支えと自分自身の努力が成功の鍵です!今度は僕が皆さんに最高の高校生活が送ってもらえるように支えます!一緒に頑張りましょう!
塩田 碧 さん 一橋大学 商学部
神戸女学院高等学部 卒 テニス部 東進ハイスクール国立校 OG
塩田 碧 さん 一橋大学 商学部
担任助手として一言
私は高校3年生の9月まで文化祭実行委員をしていたため、夏休みも準備で忙しく、いかに効率良く勉強するかを常に考えていました。その中で、常に静かな自習環境が整っている東進は勉強に最適でした。また、志望校を決める過程ではたくさんの東進のスタッフに相談に乗っていただき、自分の本当に行きたい大学を見つけることができました。まだ自分のしたいことが見つからない、第一志望に合格したいけど学校行事も最後までやりきりたい、という人たちの支えになれたらと思います。大学受験だけでなく、その先の夢の実現に皆さんが近づけるように全力でサポートさせていただきます!
柿原 聡太 くん 早稲田大学 先進理工学部
国立高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール国立校 OB
柿原 聡太 くん 早稲田大学 先進理工学部
担任助手として一言
東進では部活や学校行事に全力で打ち込みながら、志望校合格だけでなく将来の夢を叶えるための実力をつける環境が整っています。僕自身も10月下旬まで部活をやりながら、夢へ近づく一歩を踏み出せました。部活や学校行事の忙しさに悩む皆さん、東進にはいつでも親身に相談に乗ってくれるスタッフがいます。学校生活を謳歌しながら夢を掴むために、東進で一緒に頑張りましょう!

→もっと見る

川畑 洸稀 くん 早稲田大学 政治経済学部
国立高校 卒 ハンドボール部 東進ハイスクール国立校 OB
川畑 洸稀 くん 早稲田大学 政治経済学部
担任助手として一言
部活に学校行事、楽しいことでいっぱいの高校生活。そんな中でもやはり一番大事なのは勉強です!何のために勉強をするのか、自分の将来についてしっかり考えながら勉強できる東進で、一緒に頑張っていきましょう!
須田 拓実 くん 首都大学東京 法学部
国立高校 卒 ハンドボール部 東進ハイスクール国立校 OB
須田 拓実 くん 首都大学東京 法学部
担任助手として一言
大学受験は一人でできるようなものではありません。東進には、勉強が上手くいく時もいかない時も、思いを共有してくれる担任助手がいます。皆さんの受験を、勉強面もメンタル面もサポートしていきます!一緒に頑張りましょう!
森 勇綺 くん 早稲田大学 基幹理工学部
早稲田大学系属早稲田実業学校高等部 卒 卓球部 東進ハイスクール国立校 OB
森 勇綺 くん 早稲田大学 基幹理工学部
担任助手として一言
東進では大学受験を勝ち抜くための学力はもちろんですが、自分の目標や夢を叶えるために必要な意識なども身につけることができます。目の前の勉強も確かに大事ですが、大学に受かるのがゴールではありません。第一志望合格に、そして夢の実現に向けて、東進のシステムと私たちが全力でサポートしていくので、一緒に頑張っていきましょう!!
西嶋 駿 くん 青山学院大学 経済学部
東京都立国分寺高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール国立校 OB
西嶋 駿 くん 青山学院大学 経済学部
担任助手として一言
大学には行きたいけど、どこを目指したらいいかわからない。そんな思いを抱きながら東進に入りました。東進には同じように悩んでいる仲間がいて、すでに志望校を目指してがんばっている東進生がいて、つい最近まで志望校を目指して奮闘していた担任助手の方々がいました。昔の自分のように迷っている生徒の道標となれるようになりたい!という思いで精一杯サポートしていくので、一緒にがんばりましょう!!
大場 舞絃 くん 東京海洋大学 海洋生命科学部
私立錦城高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール国立校 OB
大場 舞絃 くん 東京海洋大学 海洋生命科学部
担任助手として一言
知識の穴埋めをしっかりする、これ、受験を成功するのに非常に大事なことです!基礎が身についていくほど自信は高まっていくもの、それにはこまめに知識の確認が必要です!わからないことがあったらすぐに調べたり質問する、これを心がけてください!まずは自分でやってみてください、1番力がつきます。どうしてもというときがあったら質問しにきてください、自分もその知識の穴埋めに協力します!一緒に頑張っていきましょう!
中川 夏 くん 明治大学 理工学部
東京都立小金井北高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール国立校 OB
中川 夏 くん 明治大学 理工学部
担任助手として一言
受験勉強と一括りに言っても、将来やりたいことはなんだろう、志望校はどこにしよう、どういった勉強をしたらいいのだろう・・など考えることは山ほどあります。東進ハイスクールではそういったことを一緒に考えてくれたり、自分の勉強や受験についての悩みを解決してくれました。様々な困難がある受験勉強ですが、僕たちスタッフが全力でサポートします。第一志望合格に向けて一緒に頑張りましょう!
津下 満月 さん 日本女子大学 家政学部
東京都立国分寺高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール国立校 OG
津下 満月 さん 日本女子大学 家政学部
担任助手として一言
勉強も部活も学校行事も忙しい高校生活でしたが、私がきちんと目標を定め、それに向け努力できたのは、東進ハイスクールの手厚いサポートのおかげでした。大学受験は高校受験と違い、自分の強い意志と周りの環境がとても重要になります。切磋琢磨して同じ受験を乗り越える仲間と東進生を全力でサポートするスタッフと共に、東進ハイスクールで夢を実現させましょう!
中 みゆき さん 国際基督教大学 教養学部
国立高校 卒 管弦合奏部 東進ハイスクール国立校 OG
中 みゆき さん 国際基督教大学 教養学部
担任助手として一言
私は東進に入るまでは受験の知識がなにもありませんでした。東進のスタッフには、勉強のことはもちろん、情報の面でもとても助けられ、心の支えになっていました。皆さんも受験のことで困ったり、不安になることがあると思います。そんな皆さんを支えられるよう、精一杯サポートしていくので一緒に頑張りましょう!
浦 恵子 さん 立教大学 観光学部
拓殖大学第一高校 卒 テニス部 東進ハイスクール国立校 OG
浦 恵子 さん 立教大学 観光学部
担任助手として一言
部活や行事が忙しくて勉強が後回しになっている人はいませんか?東進なら自分のスケジュールに合わせて授業を受けることができるので、そんな人にぴったりです!また、東進にはいつでも相談できるスタッフや頑張っている仲間がたくさんいます。私もこの環境のおかげで合格を勝ち取ることができました。第一志望合格に向けて頑張る皆さんを全力でサポートするので、一緒に頑張りましょう!
山中 円香 さん 立教大学 現代心理学部
国分寺高校 卒 バレー部 東進ハイスクール国立校 OG
山中 円香 さん 立教大学 現代心理学部
担任助手として一言
私が受験生のとき、センター試験の直前にやるべきことが多すぎて、何から手をつけていいかわからなかったのですが、そんな時に担任助手の方が話を聞いてくださったことで1つ1つ整理していくことができました。東進は受験勉強のことはもちろん、大学の情報やその先の夢や仕事について色々な人から話を聞くことができる環境だったため、自分に良い刺激となり、モチベーションにも繋がりました。私も東進のスタッフとして皆さんをサポートしていくので宜しくお願いします!
田中 ゆか さん 東京女子大学 現代教養学部
国分寺高校 卒 テニス部 東進ハイスクール国立校 OG
田中 ゆか さん 東京女子大学 現代教養学部
担任助手として一言
私は部活を夏に引退してから、どこから受験勉強に手をつけていいか分からず焦っていました。しかし東進には個別に面談を組み一緒に計画を立てて悩みを聴いてくださる担任助手の方や、グループミーティングにはお互い励まし合うことのできる友達がいたので、スムーズに受験勉強を始めることができました。私をサポートしてくれた担任助手の方のように、東進で目標の大学に向けて頑張る皆さんの力になれるよう一生懸命サポートしていきます!頑張りましょう!

校舎イベント紹介

塾内合宿

塾内合宿

長い時間をかけて校舎でライバルとともに勉強をする、それが塾内合宿です。規則正しい勉強リズムはとても大切ですが、時に、脳に普段とは違う刺激を与えることもまた大切。塾内合宿は、普段一人ではできないような密度、量、そして「一気に駆け上がる」勉強を可能にします。どうして可能にできるのでしょう? それは共に頑張るライバルの存在があるからです。皆で励まし合いながら勉強を進め、ディスカッションの時間は大いに語り合い、やり遂げた後の達成感、充実感は、その後の学習に大きな効果をもたらしてくれます。

特別公開授業

特別公開授業

特別公開授業は、年に2、3回行われる超人気講師が国立校で特別講座を開講するイベント。普段の授業でその分かり易さは知ってはいるものの、実際に講師を目の前にして受ける授業の感動はまた格別。分かり易さはもとより、生徒の志を熱く燃え立たせてくれる講師からのメッセージは、勉強に対する姿勢や感じ方がガラリと変わったという生徒を毎回多数生みだします。東進生以外の生徒も参加しており、当日は、生徒が友達を連れて来るなど、いつも以上に校舎が賑やかになります。(国立校は、校舎そばの外部会場を使用しています)

ホームルーム

ホームルーム

普段行なうt-PODでの授業とは別に、一つの教室に集まって皆の頑張りをランキングとして発表したり、スタッフから勉強の大切なポイントを解説する場として、ホームルームがあります。こうして、集団の場で同じ知識を共有したり、仲間の頑張りを称賛したりすることで、同じ国立校のメンバーとしての連帯感が生まれたり、ライバルを見つけて日々の学習の励みにしたりすることができます。
※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。