4月 | 2017 | 東進ハイスクール国立校|東京都

ブログ 2017年04月の記事一覧

2017年 4月 30日 GWがはじまりました!!

どうも皆様お久しぶりです。

井関泰平です。

最近は急に暑くなりましたね。

熱中症には気を付けて下さい。

さていよいよGWになりました。

 生徒A「やった。GWだ。高校生最後のGWだから全力で遊ぶぞ!」

そしてA君は遊園地に遊びに来ました。

生徒A「楽し―!やっぱりGWは最高だね!少し休憩っと」

遊園地の店員I「ちょっといいかね。君は今何年生かね(ボソッ)」

生徒A「うわぁ!びっくりしたー。なんですか急に?僕は高校3年生ですよ?」

店員I「今年受験じゃないのかね?」

生徒A「そうですけど・・・。GWは遊ぶためのものでしょ?」

(そのとき店員Iの目が光った!!)

店員I「確かに遊ぶことも大事だ。だがしかし!

GW=仮夏休みということを忘れてはいかんぞ!」

生徒A「え・・・。どういうことですか?」

店員I「いいかい。君は夏休みにたくさん勉強するだろう。その時に急にたくさん勉強して勉強のペースがつかめなかったらかなり苦労する。

そのためにGWを利用して1日勉強のペースを今のうちに知っておくのだよ。

生徒A「言いたいことは分かりました。しかしGWの勉強ではそんなに差がつかないでしょ?」

店員I「じゃあ計算してみよう。GWが7日あったとする。君はその7日間の勉強時間が0時間で他の人が1日8時間勉強したとしよう。

さてどのくらい差が付くかね?」

生徒A「56時間ですね。」

店員I「2日間以上の差があるね。2日間丸ごと勉強したら、君はなにができるかね?」

生徒A「問題集2冊くらい終わるかもしれません・・・・・。結構できますね。」

店員I「その通り!GWでは勉強をするかしないかでかなりの差があるんだ。これでGWに勉強する大切さが分かっただろう?

生徒A「そうですね・・。かなりの差があることが分かりました!今日は帰ってもう勉強します!」

店員I「ちょっと待ちたまえ。せっかく遊園地に来たんだし、今日は全力で楽しんでいきなよ。メリハリをつけることも大事だよ。

生徒A「分かりました!今日は十分に楽しみます!」

以上プチ芝居でした。

もう一度言いますが、

GW=仮夏休みです。

このことを意識して充実したGWにしてください。

以上

早稲田大学 基幹理工学部 応用数理学科

担任助手2年

井関泰平

2017年 4月 29日 私の通う大学の紹介!

こんにちは!

担任助手の津下です!

今日は私の通っている日本女子大学について紹介したいと思います。

大学院入学案内

日本女子大学、通称本女は1948年に

大隈重信や伊藤博文等の支援を受けて、広岡浅子の働きかけで

創設者成瀬仁蔵によって目白に創設されました。

私が属している家政学部には

児童学科

被服学科

住居学科

家政経済学科

食物学科

の五つがあります。

家政学部内共通の授業をとる機会もあるので、自分の学科以外のことも学べてとても楽しいです!

私はこの授業のシステムを入学してから知ったので、今から自分の志望校の授業形態を知っておいてもよいと思います!

時間のある時に志望校について調べてモチベーションを上げていきましょう!

以上

国立校担任助手

日本女子大学 住居学科

津下満月

2017年 4月 28日 GWにイベントやります!!

こんにちは!

中川です!!

今日は!

皆さんに!

イベントのお知らせをしたいと思います!!!

そのイベントとは…? 

ビンゴ大会と塾内合宿です!

いぇぇぇぇぇぇぇぇぇい!!!!!!!

1つ目のビンゴ大会はGW期間中の

4/29~5/7の間

毎日行います!!!

ビンゴ達成数上位者にはなんと

ライジンが配られます!!

2つ目の塾内合宿は

自分の限界を超えて

志望校合格に一歩でも近づけるためにやります!!

塾内合宿の内容なのですが

やりたいことがあれば取り入れていくつもりなので

是非是非提案お願いします!!

GW中の2つのイベント

両方ともに参加して

GWを勉強で充実させましょう!

以上

明治大学 理工学部

中川 夏

2017年 4月 27日 1に見て、2に知る。3にチャレンジ。

こんにちは!

久しぶりの登場!!!大石です!!

大学2年生のデザインスタジオという授業の

スピードの速いこと速いこと…

身体的にも大変!!でも楽しいからやっていけてます!

さあさあ皆さんも毎日頑張っていきましょう!!

今日は!!!

僕が

進路を決めるにあたって重要だと考えること

を書いていきたいと思います

高3の人はもうあまり時間がないかもしれませんが、

時間のあるうちに色々な職業、学問、社会を見ておくことが重要だと思います。

高校生はまだ将来へさまざまな選択肢があります。

大学に入って学部、学科を選ぶということは、

悪くいえば、その選択肢を狭めることと同じです

様々な道を選べる今だからこそ、

色々なものを見て、色々な選択肢で悩んでほしいのです。

可能性を狭めた後で後悔しても、それはもう遅いです

そんなに大きい話をされても…

という感じだと思いますが、身近なものから始めてみるといいです

TVのドキュメンタリーを見たりだとか、

ネット上に公開されてるプレゼン(TED)を見たりだとか、

学校主催の講演会に参加したりだとか、

日常生活の中にいろいろとヒントは隠れていると思います。

その中で自分が興味を持てたものにチャレンジしていけばいいです。

われわれ担任助手一同、

皆さんの進路決定に役立てればいいと思っています

迷った時はいつでも相談くださいね!

 

以上

国立校担任助手

法政大学デザイン工学部

大石健太

2017年 4月 26日 「完全修得」がゴールだと思ってませんか?

こんにちは!木村です。

 

昨日、ついに念願の運転免許を

取得いたしました!!

教習所に通い始めてからちょうど3ヵ月。

教習所での技能試験、府中にある免許センターでの

マークテストを経て、やっと免許取れました!

 

ですが、僕は親にも教習所の教官にも

同じ言葉をかけられました。

 

「これからたくさん練習して復習しなきゃね」

 

確かにそうだなと思います。

 

別に教習所を卒業したからと言って

運転が上手いというわけではありません。

むしろ運転者の中では「初心者」です。

 

僕はこれから1年間、

初心者マークを付けて

練習することになるんですね。

 

さて今日の話なんですが、

東進に通ってる人の中で

「高速基礎マスター」を使っている人は

多いかと思いますが、

よくこんな声掛けをされると思います。

 

「頑張って完全修得しようね!!」

 

ですがみなさん、

完全修得をゴールにしていませんか?

 

高速マスターの話、実はこれ、

免許を取るのと全く同じ話なんです!!

 

まだ免許をとれない皆には

もしかしたら悪い例えかもしれませんが・・・

車で言うと「免許を取って終わりではない」ということです。

 

高速マスターだって

完全修得がゴールではありません。

知識を自分のものにして

初めてゴールになります。

 

つまり、本当のゴールは

目に見える形では

なかなか現れてきません。

ですが、1回完全修得が終わった後も

地道に訓練を積み重ねていけば、

結果はついてくるはずです!

 

高速マスターをフル活用して、

英語を武器にしよう!!

 

以上

慶應義塾大学 理工学部 応用化学科

木村友哉